野崎孝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

野崎 孝(のざき たかし、1917年大正6年〉11月8日 - 1995年平成7年〉5月12日)は、日本のアメリカ文学者、翻訳家。『ライ麦畑でつかまえて』など一連のサリンジャー作品のほか、フィッツジェラルドヘミングウェイスタインベックなどの翻訳で知られる。

パン屋の長男として青森県弘前市に生まれる。1929年、旧制弘前中学校(青森県立弘前高等学校の前身)に入学、常に首席を通し、語学の天才と讃えられる。4年修了で弘前高等学校弘前大学の前身)に入学。1937年東京帝国大学文学部英吉利文学科に進み、中野好夫に師事。卒業後は東京の商業学校で教鞭を執る。第二次世界大戦で出征し、中国で転戦。

復員後、旧制弘前高等学校教授。1949年から1950年まで、新制弘前大学助教授。上京後、51年中央大学文学部教授、70年東京都立大学教授、定年後、帝京大学教授。

1964年、J.D.Salingerの The Catcher in the Rye を『ライ麦畑でつかまえて』の題名で邦訳。この作品は既に1952年、"J・D・サリンガー"著『危険な年齢』として橋本福夫による邦訳がダヴィッド社から上梓されていたが、野崎は当時の深夜放送からヒントを得て、若い世代の語法と感覚に迫った訳文で当時の読書界に反響を呼び、2003年村上春樹が新訳『キャッチャー・イン・ザ・ライ』を野崎訳と同じく白水社から出すまで、約40年間にわたって定訳の位置を占め続けた。主人公ホールデン・コールフィールド少年が一方的に語る言葉つきは50年代のアメリカのティーンエイジャーの口調を的確に捕らえたものと激賞されたが、その和訳は至難のわざだった、と訳者自身が述懐している。

著書[編集]

  • ヘミングウェイ 研究社出版 1960

翻訳[編集]

  • キャサリン・マンスフィールド
    • 『入り江にて』早川書房 ウェルテル文庫 1953 カナリヤ,おさなき恋,心理,ミリー,園遊会,パーカーばあさんの生涯,一杯の茶,蠅,入江にて
  • グレアム・グリーン
    • 『グレアム・グリーン選集』第5巻「恐怖省」(小津次郎共訳)1954 のち単独訳
    • 『グレアム・グリーン選集』第4巻「英国が私をつくった」1960
  • デイヴィッド・ダンカン
    • 『蛇の卵』早川書房 1955
  • ジョン・スタインベック
    • エデンの東』(大橋健三郎共訳)早川書房、1955 単独訳でハヤカワNV文庫全4冊 1972
    • 『われらが不満の冬』新潮社 1962
    • 『怒りの葡萄』 世界文学全集66.集英社 1970
  • F・スコット・フィッツジェラルド
    • 偉大なるギャツビー』研究社出版、1957 「グレート・ギャツビー」新潮文庫 1974、集英社文庫 1994
    • 『フィッツジェラルド短編集』氷の宮殿.冬の夢.金持の御曹子.乗継ぎのための三時間.泳ぐ人たち.バビロン再訪 新潮文庫 1990
  • K.アン・ポーター
    • 『花ひらくユダの木・昼酒』英宝社、1957 尾上政次共訳 「花ひらくユダの木」「サーカス」「墓」「マリア・コンセプシオン」
  • バッド・シュールバーグ (Budd Schulberg)
    • 『夢やぶられて』早川書房、1958 のち文庫 1972
  • マーク・トウェイン
  • リチャード・ライト
    • 『ブラックボーイ ある幼少期の記録』岩波文庫 1962
  • J・D・サリンジャー
  • ジェイムズ・ボールドウィン(James Baldwin)
    • 『もう一つの国』集英社、1964 新潮文庫 1972、集英社文庫 1977
    • 「ビール・ストリートに口あらば」集英社ギャラリー「世界の文学」18 1990 所収
    • 「荒野より出でよ」集英社 アメリカ短篇24 1970
    • 「宿命」白水社 現代アメリカ短篇選集 2 1970
  • ドライサー
    • 「ロゴーム老人とその娘テレサ」河出書房新社 世界文学100選 2 1961 所収
  • C.エイケン
    • 「音もなく降る雪、秘密の雪」河出書房新社 世界文学100選 4 1961 所収
  • ルース・サコー
    • 「人生の門出」河出書房新社 世界文学100選 5 1961 所収
  • ウィンズロー
    • 「オーファント・アニー」河出書房新社 世界文学100選 5 1961 所収
  • スウェードーズ
    • 「舞踊家」 世界文学大系 94 筑摩書房 1965 所収
  • ハーマン・メルヴィル
    • 白鯨』 新集.世界の文学11、中央公論社 1972
  • ソール・ベロー
    • 『宙ぶらりんの男』 世界文学全集27 講談社 1976
  • ジョン・バース (John Barth)
    • 『酔いどれ草の仲買人』 世界の文学35・36 集英社 1979
  • エドガー・アラン・ポー(Edgar Allan Poe)
    • 「息の喪失」「名士の群れ」「鐘楼の悪魔」ポオ全集1 1963 所収
    • 「悪魔に首を賭けるな」ポオ全集2 1963 所収、アメリカ怪談集 荒俣宏編 河出文庫 1989
    • 「ウィサヒコンの朝」「×だらけの社説」ポオ全集2 1963 所収
  • アーネスト・ヘミングウェイ
  • ジョゼフ・コンラッド
    • 「ドルがあったばかりに・武人の魂」 コンラッド中短篇小説集 3 人文書院、1983
  • D・H・ローレンス
    • 『アメリカ古典文学研究』 D.H.ロレンス紀行・評論選集 4』南雲堂 1987
  • 文学集『雨の日の釣師のために』D&G.パウナル編 釣文学35の傑作 TBSブリタニカ 1991
  • ヘンリー・メンケン
    • 「シオドー・ドライサー」筑摩世界批評体系4所収 1975
  • リチャード・チェース
    • 「断ち切られた回路」筑摩世界批評体系4所収 1975