野平明雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
野平 明雄 Table tennis pictogram.svg
基本情報生年月日 1937年没年月日 2015年2月4日選手情報利き腕グリップ ペンホルダー戦型 裏ソフト両ハンド攻撃型
 
獲得メダル
日本の旗 日本
世界卓球選手権
1956 東京 シングルス
■テンプレート ■プロジェクト:卓球 ■選手一覧

野平 明雄(のひら あきお 1937年 - 2015年2月4日)は、日本の卓球選手。

千葉県立佐倉高等学校を経て専修大学出身。1956年世界卓球選手権東京大会の日本代表で、同大会でシングルス3位入賞。1955年全日本卓球選手権ダブルス優勝。 フォアハンドの豪打を武器に専修大学で活躍。現役引退後は指導者としても活躍し、千葉県の千城台卓球クラブで少年少女の育成に励み、五輪代表、世界代表の選手を育て上げた。平成元年アジアジュニア男子監督[1]。1993年のアジアカップ日本代表男子総監督。元専修大学卓球部総監督[2]。 元日本代表・元全日本監督の野平孝雄は実弟。

2012年には日本卓球人賞を受賞した[3]

脚注[編集]

  1. ^ 元世界3位の野平明雄氏が逝去”. 卓球王国 (2015年2月4日). 2017年5月2日閲覧。
  2. ^ 講師紹介”. 千城台卓球クラブ. 2017年5月2日閲覧。
  3. ^ オークワ卓球部 山本真理が、第12回『日本卓球人賞 努力賞』を受賞しました。”. オークワ (2014年). 2017年5月2日閲覧。