野性のENERGY

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
B'z > 作品リスト > 野性のENERGY
野性のENERGY
B'zシングル
初出アルバム『BIG MACHINE
B面 旅☆EVERYDAY
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル
時間
レーベル VERMILLION RECORDS
作詞・作曲
プロデュース 松本孝弘
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン[3]
  • 2003年7月度月間3位(オリコン)
  • 2003年8月度月間14位(オリコン)
  • 2003年度年間19位(オリコン)
  • B'z シングル 年表
    • 野性のENERGY
    • (2003年)
    BIG MACHINE 収録曲
    アラクレ
    (1)
    野性のENERGY
    (2)
    WAKE UP, RIGHT NOW
    (3)
    ミュージック・ビデオ(Short ver.)
    「野性のENERGY」 - YouTube
    テンプレートを表示

    野性のENERGY」(やせいのエナジー)は、日本音楽ユニットB'zの楽曲。2003年7月16日にVERMILLION RECORDSより35作目のシングルとして発売された。

    概要[編集]

    13thアルバム『BIG MACHINE』からの先行シングル。

    前作『IT'S SHOWTIME!!』に続き、デビュー15周年時に発売されたシングル。

    ジャケットはハワイラニカイビーチにて撮影されたもの[4]

    CDジャケットが撮影されたラニカイビーチ(2007年7月)

    収録曲[編集]

    1. 野性のENERGY (4:38)
      去年までに出来ていて、既にアルバム候補曲として存在していた[5]。松本はデモの段階からシングルにしたいと思っていたらしい。
      歌詞は稲葉とドラムのシェーン・ガラースとの会話がきっかけでできたもの[6]
      この曲のリフは松本ではなく、アレンジャー徳永暁人によるもの。
      ドラムにシェーン・ガラースとブライアン・ティッシーがクレジットされているが二人とも試し、良い部分をそれぞれ採用したためであり、ベーシックはシェーンのものが採用されている[7]
      PVでは、“2人が音楽への道を歩まなかった場合”という設定のもと、教員免許を持っている稲葉が学校の先生に、松本がギター屋の店員に扮している。稲葉は神奈川県横須賀市のとある学校、松本はデビュー前実際にアルバイトで働いていた楽器店での撮影となり、東京都内のライブハウスでの撮影も含め収録には3日間かかった[8]。またPV内ではANB系音楽番組『ミュージックステーション』の映像が一瞬映っており、タモリが出演している。当時のサポートメンバーである徳永とシェーンもインディーズバンドのメンバーとして出演している。松本によるとB'zとして初めてMTVでヘビーローテーションとなった曲であり、2008年発行のMusic Freak Magazine内で行われた「ミュージックビデオ人気投票」においても1位を獲得した[9][10]
      松本・稲葉両者ともライブで演奏し続けて成長したと語っており、同年に行われた北米ツアー・アルバムツアーではイントロがアレンジされた新バージョンで演奏された。2004年以降はライブでは一切演奏されていなかったが、2013年に行われた『B'z Special LIVE at EX THEATER ROPPONGI』で10年ぶりに演奏された。その際は、イントロのギターがカッティングではなく太めのギターリフに変更され、重厚なアレンジに変更された。
    2. 旅☆EVERYDAY (3:00)
      12thアルバム『GREEN』の頃に制作されていた。
      シャッフルビートで、コーラスブラスがフィーチャーされている。
      ちなみに、「野性のENERGY」のPVのオープニングで、この曲のイントロが使用されている。
      アルバム未収録かつ、ライブ未演奏曲。

    タイアップ[編集]

    参加ミュージシャン[編集]

    収録アルバム[編集]

    野性のENERGY

    ライブ映像作品[編集]

    野性のENERGY

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    出典[編集]

    1. ^ Gold Album+...認定 2003年7月度」『The Record』第526号、日本レコード協会、2003年9月、 16頁。
    2. ^ THE JAPAN GOLD DISC AWARD|THE GOLD DISC”. 日本レコード協会. 2019年11月10日閲覧。
    3. ^ 野性のENERGY | B′z”. オリコン. 2003年8月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2020年7月27日閲覧。
    4. ^ 『music freak magazine & Es Flash Back B'z XXV Memories II』エムアールエム、2013年、131頁。
    5. ^ MUSIC FREAK MAGAZINE - B'z Dictionary(「野性のENERGY」の項)”. エムアールエム. 2019年9月28日閲覧。
    6. ^ 『B'z The Best “Pleasure II”』全曲試聴&全曲解説”. BARKS. ジャパンミュージックネットワーク株式会社 (2005年11月29日). 2019年10月18日閲覧。
    7. ^ 佐伯明『B'z ミラクルクロニクル』ソニー・マガジンズ、2008年、222頁。
    8. ^ 青木優 (2013年). 『B'z The Best XXV 1999-2012』のアルバム・ノーツ [MUSIC VIDEOのライナーノーツ (初回限定盤に付属)]. VERMILLION RECORDS.
    9. ^ 「music freak magazine Vol.163」より
    10. ^ 『music freak magazine & Es Flash Back B'z XXV Memories I』エムアールエム、2013年、142頁。

    関連項目[編集]