野方町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
野方町
廃止日 1932年10月1日
廃止理由 編入合併
野方町、中野町東京市中野区
現在の自治体 中野区
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 東京府
豊多摩郡
団体コード 当時存在せず
総人口 52,760
(1931年12月31日)
隣接自治体 豊多摩郡中野町落合町杉並町井荻町北豊島郡石神井村上練馬村中新井村上板橋村長崎町
野方町役場
所在地 東京府豊多摩郡野方町
座標 北緯35度43分6秒
東経139度39分12秒
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

野方町(のがたまち)は、かつて東京府豊多摩郡に存在したの一つ。現在の東京都中野区北部に当たる地域。1924年大正13年)に町制施行することにより誕生した。なお、その前身となった野方村(のがたむら)についてもここで言及する。

地理[編集]

現在の地名では新井江原町江古田上鷺宮上高田鷺宮白鷺沼袋野方松が丘丸山大和町若宮に相当する。

歴史[編集]

地名の由来[編集]

江戸時代に多摩郡豊島郡の一部にあった多くの幕府直轄領と旗本の知行所とが入り混じった広い範囲を「野方領」と呼んだことから。現在の中野区を含み、板橋方面にまで達する範囲を指した[1]

沿革・年表[編集]

町名の変遷[編集]

中野区成立時の町名改称は以下のとおり[2]

実施後 実施年月日 実施前
上高田一丁目 1932年10月1日 大字上高田字道南・新井前・道中
上高田二丁目 大字上高田字道北・北ノ原・氷川前・山下
新井薬師町 大字新井
江古田一丁目 大字江古田字東和田・東本村・南原・北原
江古田二丁目 大字江古田字下ノ原・上ノ原・北ノ原・西ノ原
江古田三丁目 大字江古田字寺山・本多
江古田四丁目 大字江古田字丸山・徳殿・籠原・籠原窪
沼袋南一丁目 大字下沼袋字新橋・三谷・原大久保
沼袋南二丁目 大字上沼袋字新田・中通・西通
沼袋南三丁目 大字上沼袋字西原・北原・下ノ谷・川ノ北
沼袋北一丁目 大字下沼袋字大下・木村
沼袋北二丁目 大字下沼袋字北原・中通
鷺宮一丁目 大字下鷺宮字沼袋境・塚越・本村・大場
鷺宮二丁目 大字下鷺宮字宮前・原
鷺宮三丁目 大字上鷺宮字籠原・御嶽前
鷺宮四丁目 大字上鷺宮字中内出・槐戶・根ヶ原前
鷺宮五丁目 大字上鷺宮字北原・城山・北久保・中内
鷺宮六丁目 大字上鷺宮字西原・大境

行政[編集]

町役場は、現在の野方WIZ・野方区民活動センター(中野区野方五丁目3-1)に所在した[3]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

教育機関[編集]

施設[編集]

  • 法政大学中野グラウンド - 1919年-39年の間存在した野球場[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 中野区教育委員会『なかの地名とその伝承』、1981年
  2. ^ 東京市新區町名地番表 - 国立国会図書館近代デジタルライブラリー
  3. ^ 野方町役場跡 - 中野区
  4. ^ 法政大学野球部

関連書籍[編集]

関連項目[編集]