野村万蔵 (6世)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

6世野村 万蔵(のむら まんぞう、1898年明治31年)7月22日 - 1978年昭和53年)5月6日)は、狂言能楽師日本芸術院会員・各個認定の重要無形文化財保持者(人間国宝)。

人物[編集]

東京出身。五世野村万造の長男。九世三宅藤九郎は弟。子供に七世野村万蔵(野村萬)、野村万作野村四郎(能役者)、野村万之介

戦後の「第一次狂言ブーム」において、息子の万之丞(七世万蔵)・万作などの活動と共にクローズアップされる。芸風は型に忠実なものでありながら、老年にいたって型にとらわれない飄逸さ・写実性を加え、名人として高い評価を受けた。また能面打ちとしても知られ、自作の能面や狂言面を多数残した。

来歴[編集]

  • 1903年:万作を名乗り初舞台。
  • 1911年:「三番叟」を披く。
  • 1913年:東京市下谷区実業補習学校卒業。
  • 1918年:大正天皇・皇后行幸行啓能で「釣狐」を披く。
  • 1920年:「よいや会」を創立。
  • 1923年:6代野村万造を襲名、「花子」を披く。
  • 1940年:万蔵を襲名。
  • 1948年:日本能楽協会理事。
  • 1952年:「よろづ会」を創設。
  • 1958年:芸術選奨文部大臣賞受賞。
  • 1962年:広瀬能楽賞受賞。
  • 1963年:文部省芸術祭賞受賞、米国ワシントン大学東洋研究所客員教授。
  • 1964年:米国公演。
  • 1965年:「野村狂言の会」を創立、ヴェネツィア・ビエンナーレに参加、ベルリン公演。
  • 1968年:重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定(各個認定)、勲四等旭日小綬章受章、米国公演。
  • 1969年:文化庁芸術祭奨励賞受賞。
  • 1970年:日本芸術院賞受賞[1]
  • 1971年:宮中において「棒しばり」を務める。
  • 1972年:文化庁芸術祭大賞受賞。
  • 1974年:日本芸術院会員。
  • 1978年:死去。後に正五位勲三等瑞宝章受章。

著書[編集]

  • 狂言の道(わんや書店、1955年) - 復刊:「人間の記録」118巻(日本図書センター、1999年)
  • 狂言面(わんや書店、1956年)
  • 夏に技冬に声 - 随筆集(新潮社、1974年)
  • 狂言芸話(わんや書店、1981年)
  • 野村万蔵著作集(五月書房、1982年)

脚注[編集]

  1. ^ 『朝日新聞』1970年4月10日(東京本社発行)朝刊、14頁。