野村周平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
のむら しゅうへい
野村 周平
野村 周平
生年月日 (1993-11-14) 1993年11月14日(26歳)
出生地 日本の旗 日本兵庫県神戸市[1][2]
身長 175 cm[1]
血液型 AB型[1]
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画
活動期間 2009年 -
事務所 アミューズ
公式サイト アミューズによるプロフィール
主な作品
テレビドラマ
35歳の高校生
恋仲
好きな人がいること
結婚相手は抽選で
映画
江ノ島プリズム
日々ロック
ちはやふる
帝一の國
テンプレートを表示

野村 周平(のむら しゅうへい[1]1993年11月14日[1] - )は、日本俳優兵庫県神戸市出身[1][2]アミューズ所属。

略歴[編集]

母親が中国人とのハーフである為、クオーターである。中国語が話せる[3]

芸能界デビュー前はスノーボード選手として活動し、数多くの大会で受賞[1]

2009年、アミューズ全国オーディション2009「THE PUSH!マン〜あなたの周りのイケてる子募集〜」で、応募者31514名の中からグランプリを受賞し[1]、アミューズに所属。

2010年2月12日公式ブログを開設した[4]

2019年6月末より、アメリカニューヨークに1年間の留学[5]。突然の留学となったが、語学学習と俳優活動のために感性を磨くためであるとしている[6]。同年9月、主演映画『WALKING MAN』のプロモーションのために一時的に帰国[5]

人物[編集]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

劇場アニメ[編集]

舞台[編集]

  • 君の席は、僕の席(2010年3月24日 - 29日、劇場HOPE) - 主演
  • 小野寺の弟・小野寺の姉(2013年7月12日 - 8月28日、東京 / 大阪) - 市川健吾 役
  • 禁断の裸体(2015年4月4日 - 30日、東京 / 大阪) - セルジーノ 役

ドキュメンタリー[編集]

CM[編集]

ミュージックビデオ[編集]

インターネットドラマ[編集]

書籍[編集]

雑誌連載[編集]

カバーモデル[編集]

  • エンジェル文庫「ドキドキ100%」(2014年2月25日発売)

受賞歴[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 中国語を話す役を演じる。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 野村 周平”. アミューズ. 2013年8月30日閲覧。
  2. ^ a b ORICON STYLE (2014年4月30日). “野村周平『特別なことはなくて…それがいい』”. 2014年5月1日閲覧。
  3. ^ 野村周平 (2010年2月16日). “MYバレンタイン。”. 野村周平オフィシャルブログ「SHUHEI」. アメーバブログ. 2013年3月9日閲覧。
  4. ^ 野村周平 (2010年2月12日). “初!”. 野村周平オフィシャルブログ「SHUHEI」. アメーバブログ. 2013年3月9日閲覧。
  5. ^ a b “野村周平、ツイッターのトレンド入りも怒り 悪口ばかりで「なめんな! 生放送もしんどいねん」”. ORICON NEWS. (2019年9月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2143843/full/ 2019年9月6日閲覧。 
  6. ^ “野村周平はNY留学へ 芸能人の留学が増加する理由は?”. NEWSポストセブン. (2019年5月27日). https://www.news-postseven.com/archives/20190527_1380013.html 2019年6月11日閲覧。 
  7. ^ 注目ドラマ紹介:「僕のいた時間」 三浦春馬が難役にチャレンジ 難病に立ち向かう学生役”. =毎日新聞デジタル. 毎日新聞 (2014年1月7日). 2014年1月9日閲覧。
  8. ^ ドラマ『若者たち』が48年ぶり復活!妻夫木、瑛太、満島ひかりら豪華8人集結”. マイナビニュース (2014年3月10日). 2014年6月27日閲覧。
  9. ^ 野村周平、月9で福士蒼汰の"恋敵"役「皆さんの期待を裏切っていきたい」”. マイナビニュース (2015年6月5日). 2015年6月5日閲覧。
  10. ^ 野村周平&有村架純&藤木直人、傑作復活の主演に!「世にも奇妙な物語」”. cinemacafe.net (2015年10月30日). 2015年10月30日閲覧。
  11. ^ ドラマ「フラジャイル」に武井咲、野村周平、小雪、北大路欣也が出演”. コミックナタリー (2015年11月16日). 2015年11月16日閲覧。
  12. ^ “野村周平、福士蒼汰の“父親”役「お父さんって呼んでよ」”. ORICON STYLE. (2016年6月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2073022/full/ 2016年6月8日閲覧。 
  13. ^ “桐谷美玲主演、夏の“月9”はイケメン3兄弟とひとつ屋根の下”. ORICON STYLE. (2016年5月2日). http://www.oricon.co.jp/news/2071060/full/ 2016年5月2日閲覧。 
  14. ^ “野村周平、『ドクターX』初参戦 「腹黒い部分を最大限出して」役づくり”. ORICON NEWS. (2017年9月14日). http://www.oricon.co.jp/news/2097243/full/ 2017年10月2日閲覧。 
  15. ^ 電影少女:桂正和の名作マンガ初ドラマ化 主演は野村周平”. MANTANWEB (2017年11月1日). 2017年11月1日閲覧。
  16. ^ “西野七瀬の卒業とシンクロした「電影少女」撮り下ろしエピソード放送決定”. ナタリー (ナターシャ). (2018年12月23日). https://natalie.mu/eiga/news/313435 2019年3月16日閲覧。 
  17. ^ “野村周平、10月期新ドラマ『結婚相手は抽選で』で主演に 共演に高梨臨、大谷亮平、佐津川愛美ら”. リアルサウンド (株式会社blueprint). (2018年7月20日). https://realsound.jp/movie/2018/07/post-222953.html 2019年2月14日閲覧。 
  18. ^ “井浦新主演、阪神・淡路大震災後の実話をSPドラマ化!共演は野村周平、葵わかな、椎名桔平”. ザ・テレビジョン (株式会社KADOKAWA). (2018年11月7日). https://thetv.jp/news/detail/168412/ 2018年11月7日閲覧。 
  19. ^ “野村周平&桜井日奈子、『僕の初恋をキミに捧ぐ』連ドラ化「納得いただける作品に」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年11月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2123836/full/ 2019年1月25日閲覧。 
  20. ^ マイナビニュース (2014年1月25日). “夏帆が血まみれヒロインに!? 山田悠介原作『パズル』で野村周平と共演”. 2014年1月26日閲覧。
  21. ^ 映画.com (2013年12月5日). “野村周平主演の青春映画「クジラのいた夏」来春に公開決定”. 2014年1月25日閲覧。
  22. ^ 映画.com (2014年3月6日). “「日々ロック」を入江悠監督が映画化!野村周平は全裸で体当たり主演”. 2014年3月19日閲覧。
  23. ^ 有村架純の金髪ギャル姿公開&伊藤淳史が塾講師役に、映画『ビリギャル』続報(2015年1月14日)、CINRA.NET、2015年1月14日閲覧。
  24. ^ 映画「ビリギャル」公式サイト、2015年2月3日閲覧。
  25. ^ “樋口可南子、ブリュッセル国際映画祭で最優秀女優賞を受賞”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年11月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2062868/full/ 2015年11月25日閲覧。 
  26. ^ 『ライチ☆光クラブ』が映画化 野村周平、古川雄輝らが出演”. ORICON (2015年7月30日). 2015年7月23日閲覧。
  27. ^ 映画『ライチ☆光クラブ』配役決定!野村周平、古川雄輝、間宮祥太朗らが魅せる青春残酷劇”. シネマトゥデイ (2015年8月25日). 2015年8月25日閲覧。
  28. ^ “実写映画「ちはやふる」は2部作で公開!千早役は映画初主演の広瀬すず”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年6月24日). http://natalie.mu/comic/news/151648 2015年12月11日閲覧。 
  29. ^ 真造圭伍「森山中教習所」映画化!野村周平&賀来賢人が教習所に通うひと夏”. コミックナタリー (2015年10月25日). 2015年10月26日閲覧。
  30. ^ 尾野真千子、野村周平ら実力派俳優ずらり!小栗旬×大友啓史監督「ミュージアム」に結集”. 映画.com (2016年3月11日). 2016年3月11日閲覧。
  31. ^ “「サクラダリセット」野村周平主演の2部作で奇跡の映像化!”. デイリースポーツ. (2016年9月22日). http://www.daily.co.jp/gossip/2016/09/22/0009512314.shtml 2016年9月22日閲覧。 
  32. ^ “「帝一の國」に野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、千葉雄大、志尊淳ら出演”. コミックナタリー (株式会社ナターシャ). (2016年11月16日). http://natalie.mu/comic/news/209522 2016年11月16日閲覧。 
  33. ^ “藤原竜也×伊藤英明の初共演作に夏帆、野村周平らが参戦!”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2017年2月27日). http://www.cinematoday.jp/page/N0089910 2017年2月27日閲覧。 
  34. ^ “黒木華&野村周平がW主演!「ビブリア古書堂の事件手帖」映画化”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年11月8日). http://eiga.com/news/20171108/1/ 2018年4月24日閲覧。 
  35. ^ “野村周平主演、ANARCHY初監督作「WALKING MAN」10月公開 特報映像もお披露目”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2019年6月13日). http://eiga.com/news/20190613/2/ 2019年8月6日閲覧。 
  36. ^ 野村周平、元ジブリクリエイターの劇場監督デビュー作で声優初挑戦!”. シネマトゥデイ (2015年4月24日). 2015年4月24日閲覧。
  37. ^ 竹野内豊&野村周平に“W交際質問” 大音量BGMで遮る”. ORICON STYLE. 2016年3月9日閲覧。
  38. ^ “OKAMOTO’S、「Dancing Boy」のMV公開 菅田将暉、水原希子、GEN、佐野怜於&関口メンディーらも参加”. SPICE (イープラス). (2019年5月28日). https://spice.eplus.jp/articles/239504 2019年5月28日閲覧。 
  39. ^ “フジテレビのインターネットドラマ『電報日和』、好評につき続編の無料配信を開始”. とれたてフジテレビ (フジテレビ). (2012年2月29日). http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2012/s/120229-s009.html 2013年3月9日閲覧。 
  40. ^ 第7回TAMA映画賞”. 第25回映画祭TAMA CINEMA FORUM. TAMA CINEMA FORUM (2015年). 2015年11月21日閲覧。