野村幸一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

野村 幸一郎(のむら こういちろう、1964年 - )は、日本の日本近代文学研究者、京都橘大学教授

三重県伊勢市生まれ。1989年立命館大学文学部日本文学科卒、1995年、同大学院文学研究科博士課程修了、「森鴎外論 -明治四十年代を中心に」で博士(文学)[1]1998年、京都橘大学文学部助教授、のち教授。

著書[編集]

  • 『森鴎外の日本近代』白地社、1995
  • 『森鴎外の歴史意識とその問題圏 近代的主体の構造』晃洋書房、2002
  • 小林秀雄 美的モデルネの行方』和泉書院〈和泉選書〉、2006
  • 宮崎駿の地平 広場の孤独・照葉樹林・アニミズム』白地社〈叢書 l’esprit nouveau〉、2010
  • 白洲正子 日本文化と身体』新典社選書、2014
  • 『日本近代文学はアジアをどう描いたか』新典社選書 2015

共編著[編集]

  • 『〈悪女〉の文化誌』鈴木紀子林久美子共編 晃洋書房 京都橘大学女性歴史文化研究所叢書、2005
  • 『女の怪異学』鈴木紀子・林久美子共編 晃洋書房 京都橘大学女性歴史文化研究所叢書、2007
  • 野村九二彦『昭和残詠 歌集』編 白地社、2007
  • 『母と娘の歴史文化学 再生産される〈性〉』田端泰子・河原和枝共編 白地社 京都橘大学女性歴史文化研究所叢書、2009
  • 『表象のトランス・ジェンダー 越境する性』安達太郎・林久美子共編 新典社 京都橘大学女性歴史文化研究所叢書、2013 

出典・脚注[編集]

  1. ^ 森鴎外論 -明治四十年代を中心に 野村幸一郎”. 国立国会図書館. 2013年12月12日閲覧。