野村政明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
野村政明

野村 政明(のむら まさあき、1854年4月20日嘉永7年3月23日)- 1902年明治35年)10月2日)は、日本の内務官僚政治家県知事。旧名、市来七之助。正式名は市来政明

経歴[編集]

薩摩藩士の子として鹿児島郡上瀧尾町で生まれる。開成所で英書を、藩儒者から漢籍を学んだ。

1875年に上京し、芝の近藤塾(攻玉塾)、さらに明治11年に慶應義塾に入学して藤田茂吉などと共に英学などを学んだ。西郷隆盛西南戦争に従軍して生還。野村忍助と共に再度、慶應義塾に入り、福澤諭吉の推薦で元吉秀三郎を紹介され、新聞事業の準備にあたった。

1882年鹿児島新聞社社長に就任。以後、鹿児島県会議員、鹿児島県地方衛生委員などを歴任。1887年1月、愛媛県書記官に任官。以後、内務省参事官宮城県書記官、鹿児島県書記官などを歴任。

1894年9月、鳥取県知事に就任。前年の水害の復旧事業、伝染病の救護事業を推進した。1896年4月、拓殖務省南部局長に転じ、さらに台湾事務局長を務めた。1898年10月、和歌山県知事となる。以後、岐阜県知事、宮城県知事、石川県知事を歴任。

1902年5月、愛知県知事に就任したが、持病の悪化のため、同年9月に石川県粟津温泉で療養したが、同年10月、赤痢のため金沢病院で死去。

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第4943号「叙任及辞令」1899年12月21日。
  2. ^ 『官報』第5098号「叙任及辞令」1900年7月2日。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 内閣「野村政明愛媛県書記官ニ被任ノ件」明治19年。国立公文書館 請求番号:本館-2A-018-00・任A00112100
  • 丸山信編『人物書誌大系 30 福沢諭吉門下』日外アソシエーツ、1995年3月、ISBN 4816912843