半保護されたページ

野村真季

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

のむら まさき
野村 真季
プロフィール
本名 非公開(旧姓:野村)
愛称 マサキチ
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
生年月日 (1975-12-02) 1975年12月2日(45歳)
血液型 A型
最終学歴 東京女子大学現代文化学部
勤務局 テレビ朝日
活動期間 1998年 -
ジャンル 報道・情報・バラエティ
配偶者 あり
公式サイト プロフィール
出演番組・活動
出演中ワイド!スクランブル』(ニュース担当)
出演経歴サンデージャングル
スーパーJチャンネル
虎の門
スーパーモーニング
もらえるテレビ!
『ごごいち!ニュースキャッチ』
おかずのクッキング』(ナレーション)
都のかほり』(ナレーション)など
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

野村 真季(のむら まさき、1975年12月2日 - )は、テレビ朝日所属のアナウンサー

来歴

三人姉妹の三女として、神奈川県横浜市で育つ。

神奈川県立市ヶ尾高等学校東京女子大学現代文化学部を卒業。

小学校時代にはバスケットボール部と調理部、中学校時代はバスケットボール部、高校時代は再び調理部で活動。大学在学中はラクロス部で活動し、イギリスに短期留学もした。

職務経歴

1998年にテレビ朝日に入社。[t 1]

1998年10月より、『サンデージャングル』の「ニュース・情報」コーナーのニュース読みを担当 ( ~ 2000年9月)。

1999年10月より、『スーパーJチャンネル』でリポーターや天気( ~ 2001年3月)、『ダヴィンチの予言』のナレーション (~2002.03)を担当。

2000年4月より、『ラジ朝アットモーニング』のキャスターを担当 ( ~2001年9月)。

2001年4月より、『虎の門』の司会を担当 ( ~2006年3月)。同年同月より、『不思議どっとテレビ。これマジ!?』のリポートも担当( ~2002年3月)。特に、『不思議どっとテレビ。これマジ!?』のミステリーサークル企画のリポートにより、第1回(2002年)ANNアナウンサー賞「原稿のないもの部門」で奨励賞を受賞。

2001年10月より、『N天トップ!』 ( ~2002年3月)および『ワガまんまキッチン』( ~ 2002年10月)に出演。

2004年4月より、『クイズ!バーチャQ』( - 2002.09)、『朝いち!!やじうま』( ~2006年3月)に出演。

2005年4月より、『ANN NEWS&SPORTS』土・日曜日、のニュース読み担当 ( ~2006.03)、『Matthew's Best Hit TV+』の準レギュラー&複数コーナー司会を担当 ( ~2006年9月)。

2006年4月より、『スーパーモーニング』の司会(男性司会とコンビの司会)を担当 ( ~2007年3月)。

2007年6月13日より、地上デジタル放送推進大使のテレビ朝日代表を担当。[t 2]

2008年、一旦産休をとり、4月10日に第一子となる女児を出産し[1]2009年4月15日、職場に復帰。

2009年10月より、『もらえるテレビ!』の進行補佐役を担当 ( ~2010年3月27日)。

2010年4月より、『使える!アイデアハウス』のアシスタント役を担当 ( ~ 12月25日)。

2011年4月より、『やじうまテレビ!』の土曜版の総合司会 ( ~ 9月)。

2011年10月より、『News Access』(→ ごごいち!ニュースキャッチ → 午後のニュースルーム)のメインキャスター ( ~ 2013年9月)。

2015年、一旦産休をとり、8月14日に第二子となる男児を出産し、2016年10月3日に再び職場に復帰。

2017年4月3日より、『東京サイト』のナレーションを担当 ( ~ 2019年4月12日)。

2019年4月より、『ワイド!スクランブル』の第1部のニュースコーナー(10:30頃から数分)担当、および『ANNニュース』のコーナー(11:45 - 12:00)の担当(2020年5月までは月~金曜日担当。2020年5月より月・水・金曜日担当。 ~ 現在)。

上述以外にも、単発の番組、不定期の番組など出演多数。→#出演・担当番組

パーソナルデータ

出演・担当番組

テレビ

★は出演中。

ドラマ・舞台・映画

エッセイ

  • 「日々のかほり」(読売新聞土曜版に連載) - 2005年7月~12月

脚註

トリビア、雑学
  1. ^ トリビア - 同期入社のアナウンサーは、小木逸平小松靖上山千穂徳永有美(徳永は退社)
  2. ^ トリビア - 第21回参議院議員通常選挙出馬の為退社した丸川珠代に替わるため。
出典など

関連項目

先代:
丸川珠代
関東広域圏キー局地上デジタル放送推進大使テレビ朝日担当
2代目
次代:
上宮菜々子