野村英樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

野村 英樹(のむら ひでき、1963年3月[1]-)は、日本医学者。現職は、金沢大学附属病院特任教授総合診療部長[2]

略歴[編集]

金沢大学医学部医学科を卒業(1988年医薬保健学域 医学類)[1]1994年金沢大学大学院後期課程医薬保健学総合研究科 創薬科学専攻(医学博士[1]2007年から金沢大学医学部附属病院准教授2018年から現職に就任[2]

共著書[編集]

  • 野村英樹/伴信太郎著『見逃せないよくある外臓疾患の診かた・みつけかた』(中山書店、2012年)[3]
  • 野村英樹/松倉知晴著『臨床医による臨床医のための本当はやさしい臨床統計』(中山書店、2005年)[4]

所属学会[編集]

  • 日本内科学会専門医部会北陸支部副支部長(2009-)[1]
  • 日本プライマリケア連合学会[1]
  • 日本医療の質・安全学会評議員(2008-)[1]
  • 日本医学教育学会 評議員(2008-)[1]
  • Society of General Internal Medicine
  • American College of Physicians

受賞学術賞[編集]

  • 日野原賞(2002/02/17)[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h 研究者情報”. 金沢大学. 2019年8月9日閲覧。
  2. ^ a b 野村英樹”. KAKEN. 2019年8月9日閲覧。
  3. ^ 見逃せないよくある外臓疾患の診かた・みつけかた”. アマゾン. 2019年8月9日閲覧。
  4. ^ 臨床医による臨床医のための本当はやさしい臨床統計”. 紀伊國屋書店. 2019年8月9日閲覧。