野林厚志

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

野林 厚志(のばやし あつし、1967年-)は、日本人類学者国立民族学博物館学術資源研究開発センター・教授。総合研究大学院大学文化科学研究科・教授。専攻は人類学、民族考古学、物質文化論。主要な研究テーマは、台湾原住民族のエスニシティ、人間と動物との関係史、食の文明論。国内外の博物館における展示会も手がける。

来歴・人物[編集]

大阪府出身。東京大学理学部卒業後、同大学院理学系研究科博士課程(人類学専攻)中退。1996年に国立民族学博物館第3研究部助手となり、1998年に同民族社会研究部助手、2000年に同民族学研究開発センター助手を経て、2003年に同助教授。2004年に同文化資源研究センター助教授、同研究戦略センター准教授、同教授を経て、2017年より現職。

主な著作[編集]

単著[編集]

  • 『イノシシ狩猟の民族考古学 台湾原住民の生業文化』(御茶の水書房、2008年 ISBN 978-4-275-00556-4)
  • 『タイワンイノシシを追う 民族学と考古学の出会い』(臨川書店、2014年 ISBN 978-4-653-04237-2)

主編著[編集]

  • 『百年來的凝視』(順益台湾原住民博物館、2009年 ISBN 978-957-30287-9-6)
  • 『台湾原住民研究の射程ー接合される過去と現在』(順益台湾原住民博物館、2014年 ISBN 978-4-894-89847-9)
  • 『肉食行為の研究』(平凡社、2018年 ISBN 978-4-582-83770-4)
  • 『太陽の塔からみんぱくへー70年万博収集資料』(国立民族学博物館、2018年 ISBN 978-4-906962-66-2)

共編著[編集]

  • 『先住民とは誰か』(窪田幸子との共編 世界思想社、2009年 ISBN 978-4-7907-1438-5)
  • 『グローバリゼーションと「生きる世界」―生業からみた人類学的現在』(松井健・名和克郎との共編 世界思想社、2011年 ISBN 978-4-8122-1108-3)
  • 『生業と生産の社会的布置-グローバリゼーションの民族誌のために-国立民族学博物館論集1』(松井健・名和克郎との共編 岩田書院、2012年)