野毛平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 千葉県 > 成田市 > 野毛平
野毛平
—  大字  —
野毛平の位置(千葉県内)
野毛平
野毛平
野毛平の位置
座標: 北緯35度47分54.0秒 東経140度20分25.2秒 / 北緯35.798333度 東経140.340333度 / 35.798333; 140.340333
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Chiba Prefecture.svg 千葉県
市町村 Flag of Narita, Chiba.svg 成田市
地区 中郷地区
標高 25m (82ft)
人口 (2017年(平成29年)10月31日現在)[1]
 - 計 144人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 286-0824[2]
市外局番 0476[3]
ナンバープレート 成田
※座標・標高は野毛平金山共同利用施設付近

野毛平(のげだいら)は、千葉県成田市大字郵便番号286-0824[2]

地理[編集]

北は東和泉、北東は新泉小泉、東は十余三、南東は長田、南は大山、久米、南西は東金山、西は赤荻、北西は西和泉に隣接する。

歴史[編集]

域内に取香川低地遺跡縄文時代後期・平安時代)・野毛平・永田遺跡群(縄文時代~平安時代)、野毛平古墳群が分布する[4]

1700年(元禄13年)は幕府領であったが、翌年に佐倉藩領になったと考えられている(石高は300石弱)。ただし、東金山村と共有の東野新田は引き続き幕府領であった[4]

1889年(明治22年)の町村制施行時、遠山村への組換えを請願したが却下され、中郷村に入る[4]。1954年(昭和29年)の昭和の大合併で、成田市に吸収された[4]

新東京国際空港(現・成田国際空港)建設に伴い騒音区域の指定を受け、大半の民家が米塚団地に移転した[4]

世帯数と人口[編集]

2017年(平成29年)10月31日現在の世帯数と人口は以下の通りである[1]

大字 世帯数 人口
野毛平 55世帯 144人

小・中学校の学区[編集]

市立小・中学校に通う場合、学区は以下の通りとなる[5][6]

地域 小学校 中学校
全域 成田市立美郷台小学校 成田市立成田中学校

施設[編集]

  • 野毛平工業団地
  • 野毛平金山共同利用施設
  • 野毛平ライスセンター
  • 鎮守皇神社
  • 野毛平配水場

交通[編集]

鉄道[編集]

同地には鉄道駅はないが、路線バスを利用して京成成田駅に行くことができる。

バス[編集]

野毛平バス停

道路[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 住民基本台帳字別人口”. 成田市 (2017年11月16日). 2017年11月29日閲覧。
  2. ^ a b 郵便番号”. 日本郵便. 2017年11月28日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2017年11月29日閲覧。
  4. ^ a b c d e 大字別地域の事典編集委員会 編 (2011). 成田の地名と歴史 : 大字別地域の事典. 成田市. p. 165. 
  5. ^ 成田市立小学校通学区域”. 成田市 (2017年3月29日). 2017年11月29日閲覧。
  6. ^ 成田市立中学校通学区域”. 成田市 (2017年4月6日). 2017年11月29日閲覧。
  7. ^ a b 千葉交通 成田営業所管内 路線図、2014-02-16閲覧