野獣戦争

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
野獣戦争
Trouble Man
監督 アイヴァン・ディクソン(Ivan Dixon)
脚本 ジョン・D・F・ブラック(John D.F. Black)
出演者 ロバート・フックス(Robert Hooks)
ポール・ウィンフィールド
ポーラ・ケリー(Paula Kelly)
音楽 マーヴィン・ゲイ
撮影 ミシェル・ヒューゴ(Michel Hugo)
編集 マイケル・カーン
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1972年11月1日
日本の旗 1973年4月14日
上映時間 99分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

野獣戦争』(やじゅうせんそう、Trouble Man)は、1972年ブラックスプロイテーション映画で、20世紀フォックスが制作公開したアメリカ映画。主演のロバート・フックス(Robert Hooks)が演じる「ミスターT」は、エッジの立った私立探偵で、しばしば自分の手で正義の裁きを下す。この映画は興行的に成功しなかったが、モータウンに所属していたマーヴィン・ゲイが作曲、制作、演奏/歌唱を担当したサウンドトラックの素晴らしさは、今日でも注目されている。

それ以前のアイザック・ヘイズカーティス・メイフィールドのように、当時のゲイは、ソウル音楽のスターのひとりとして、アフリカ系アメリカ人の観客を狙った映画にサウンドトラックを提供する機会を待っていた。映画『野獣戦争』は失敗作だったが、同名のサントラ盤『トラブル・マン』とシングル盤は、ゲイにとって成功作となった。

この映画は、マイケルとハリーのメドヴェド兄弟(Michael & Harry Medved)が1978年に出した本『The Fifty Worst Films of All Time』で取り上げられている[1]

あらすじ[編集]

インナーシティのチンピラが、警察と犯罪組織の両方から追われながら、現場の知恵で切り抜けて行く、ブラックスプロイテーションのドラマ。ロバート・フックス演じる主人公「T」は、ハスラーと私立探偵とゲットーのよろずトラブル解決屋がひとつになったような人物で、ロサンゼルスのサウスセントラル[2]のビリヤード店を根城にしている。Tは羽振りがいい—豪勢な新車を乗り回し、高級スーツを着て、大きなアパートメントに住んでいる。しかし、彼は自分と同じブロックに住む人々のために気を配り、警察とギャングたちの両方と上手くやりながら、法を守る側に関しても、破る側に関しても、善人と悪人を見分ける術を心得ている。Tは、地元でサイコロ賭博を運営しているチョーキー(Chalky)(ポール・ウィンフィールド)とそのパートナーのピート(Pete)(ラルフ・ウェイト; Ralph Waite)にアプローチされる。チョーキーはTに、覆面を着けた男たちに、数夜にわたって立て続けに盗みに入られており、この連中の正体を明らかにしてほしいと依頼する。Tは、いつものような仕事としてこれを引き受け、正当な対価の支払いを要求する。しかし、実はチョーキーとピートは、ライバルの頭目ビッグ(Big)(ジュリアス・W・ハリス; Julius Harris)を捕らえ、ビッグの配下のひとりを殺し、Tに賭場に押し入った殺した罪をかぶせようとしていることが明らかになる(Tは銃で脅されてその場にいた)。Tは、ビッグと、ジョー・マルクス警部(Joe Marx)(Bill Smithers)の両方から追われるが、いくつもの危うい場面を切り抜けたTは、敵を犠牲にしてでも生き残ろうと決意する。映画『野獣戦争』には、このほか、Tの恋人役でポーラ・ケリー(Paula Kelly)が出演しており、音楽にはマーヴィン・ゲイが書き下ろしたオリジナル・スコアが使われている。

出典・脚注[編集]

  1. ^ Medved, Michael; Harry Medved. The Fifty Worst Films of All Time. Warner Books. ISBN 0-445-04139-0.. 
  2. ^ 現在のサウスロサンゼルス。歴史的に低所得者層の居住地区、黒人居住地区であり、この映画の当時もそうであったが、その後、ヒスパニック系住民が急増するなど、人種間対立が深刻化し、1992年ロス暴動の主な舞台となった。暴動の後、2003年には、地区の正式名称が South Central から South Los Angeles に変更されたが、現在も旧名で言及されることがよくある。

関連項目[編集]