野球ソビエト連邦代表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
野球ソビエト連邦代表
国または地域  ソビエト連邦
協会 ソビエト野球連盟
WBSC世界ランキング {{{WBSC世界ランキング}}}
オリンピック
出場回数 0回
インターコンチネンタルカップ
出場回数 1回 (初出場は1991年)
最高成績 9位 (1991年)
欧州野球選手権
出場回数 1回 (初出場は1991年)
最高成績 6位 (1991年)
  

野球ソビエト連邦代表(やきゅうソビエトれんぽうだいひょう、: Сборная СССР по бейсболу)は、ソビエト連邦における野球のナショナルチームである。1988年から1991年まで欧州野球連盟に加盟していた[1]野球ロシア代表などに移行。

歴史[編集]

冷戦下、野球アメリカのゲームとしてほとんど顧みられることはなかったが、1986年近代オリンピック正式競技に採用されるとソビエト連邦オリンピック委員会は、野球を正式競技としてオリンピック優勝を目指すと表明し[2]、その環境は大きく変化した。

1987年トビリシを本部としてソビエト野球連盟が設立され、チームは他競技から選抜した選手で編成された。大半は野球経験がなくグラブすら知らなかった[3]ものの、投手として85mph(約137km/h)を計測する選手も存在する[4]など、野球向きの能力に優れた人材が集められていた。初の公式戦ではニカラグアに0-22で敗れたが、9月26日のチェコスロバキア戦において5-4で初勝利を挙げた[5]。また、この年からソビエト野球選手権が創設された[6]

競技力強化のためナショナルチームや各地域のクラブはアメリカへの遠征を重ね、1989年には、ソビエト連邦を訪れたマイナーリーグ・AA級イースタン・リーグ選抜とも試合を行った[7]

1990年シアトルで開催されたグッドウィルゲームズに出場[3]アメリカ日本プエルトリコメキシコとの5試合は全敗に終わったが、直後にパルマで開催された欧州野球選手権予選では優勝し、翌年の本選出場権を獲得した。 また、この頃にはジョージア人リトアニア人の選手が政治的な理由からチームへの参加を拒否するという出来事もあった。

1991年7月、スペインで開催されたインターコンチネンタルカップに出場。10チーム中9位の成績を残した[8]。8月にはバルセロナオリンピック予選を兼ねてイタリアで開催された欧州野球選手権に出場。ベルギースウェーデンイギリスから勝ち星を挙げたものの8チーム中6位となりオリンピック出場はならなかった。

12月、ソビエト連邦崩壊により野球ナショナルチームも四散し、以後野球ロシア代表などに再編された。

主な支援[編集]

ソビエト政府[編集]

ソビエト野球選手権の上位チームには補助金が支給され、優れた選手には平均賃金の2.5倍の給与が支払われた[9]。代表選手は兵役を免除された。

民間の支援者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ CEB History 1953-2005欧州野球連盟 (英語). 2016年2月5日閲覧。
  2. ^ About UsRussian International Baseball (英語). 2016年2月6日閲覧。
  3. ^ a b Soviets Catching On To BaseballChicago Tribune (1991年7月19日,英語). 2016年2月5日閲覧。
  4. ^ Baseball, Apple Pie And Ussr? Soviets Off To Slow Start Mastering America's GamePhilly.com (英語). 2016年2月27日閲覧。
  5. ^ ИСТОРИЯ БЕЙСБОЛАSportshystory.ru (ロシア語). 2016年2月5日閲覧。
  6. ^ Magazine "Bridges" about baseball in Lithuaniaリトアニア野球協会 (英語). 2016年4月10日閲覧。
  7. ^ Iron Curtain tour sparked Eastern LeagueMiLB.com (2016年2月25日,英語). 2016年2月27日閲覧。
  8. ^ 洲際杯棒球賽 我得第四台灣棒球運動珍奇新聞檔案數位資料館 (中国語). 2016年2月18日閲覧。
  9. ^ 滝 正男「全愛知大学野球野球連盟選抜メンバーによるハバロフスク (ソ連) 親善野球について A Goodwill Baseball (game) with Khabarovs」(PDF) 中京大学教養論叢 30(3) p.867.
  10. ^ モスクワ国立大との交流が40周年東海大学新聞 (2013年10月1日). 2016年2月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • Josh Chetwynd "Baseball in Europe : A Country by Country History" McFarland, pp.127 - 138. ISBN 978-0-7864-3724-5

関連項目[編集]