野球場 (村上春樹)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

野球場』(やきゅうじょう)は、村上春樹短編小説

概要[編集]

初出 IN★POCKET』1984年6月号
収録書籍 回転木馬のデッド・ヒート』(講談社、1985年10月)

村上は『IN★POCKET』1983年10月号(創刊号)から1984年12月号まで隔月で、聞き書きをテーマとする[1]連作の短編小説を掲載した。副題は「街の眺め」。本作品は1984年6月号に発表されたその5作目。

登場人物の青年が語り手の「僕」に送った小説を、村上はのちに実際に作品化した[2]。それが『』(『Stories Magazine』2003年4月号掲載)である。

あらすじ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『村上春樹全作品 1979〜1989』第5巻、付録「自作を語る」。
  2. ^ めくらやなぎと眠る女 TWENTY-FOUR STORIES新潮社、2009年11月、11頁より。著者自身それを認めている。

関連項目[編集]