野田俊作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
1932年(昭和7年)頃

野田 俊作(のだ しゅんさく、1888年明治21年)5月14日1968年昭和43年)7月27日)は、日本の政治家実業家衆議院議員貴族院議員参議院議員福岡県知事

来歴・人物[編集]

福岡県出身。衆議院議員・野田卯太郎の長男として生まれる。1913年(大正2年)、東京帝国大学法科大学経済学科を卒業。南満州鉄道に入社した。

1924年(大正13年)5月の第15回総選挙で千葉県第九区から政友会公認で出馬して初当選。1927年(昭和2年)に父が死去すると、翌年2月の第16回総選挙では父の地盤だった福岡県第三区から出馬し当選。以後1937年(昭和15年)4月の第20回総選挙まで連続6回の当選を果した。この間犬養内閣鉄道参与官鉄道会議議員、廣田内閣司法政務次官、政友会総務などを歴任する。

戦後は1946年(昭和21年)1月に福岡県の官選知事に就任し、同年10月まで在任。同年3月には貴族院勅選議員に勅任され、研究会に属して1947年(昭和22年)5月の貴族院廃止までこれを務めた。その他、朝鮮紡織・満州製麻・日本電報通信社の各取締役西日本新聞社監査役などを歴任。

1947年(昭和22年)4月の第1回参院選では福岡県選挙区からに出馬し当選。その後、第3回参院選では緑風会から出馬して再選し、第5回参院選では自民党公認で出馬して三選、参議院議員を3期18年務め、その間参議院外務委員長を務めた。次の参院選へは出馬せずに政界を引退。その後は自民党相談役やテレビ西日本顧問などを務めた。1968年(昭和43年)7月27日、満80歳で死去した。

親族[編集]

参考文献[編集]

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』1990年。
  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。