野菊の墓文学碑

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
野菊の墓文学碑
野菊の墓文学碑前の歩道橋

野菊の墓文学碑(のぎくのはかぶんがくひ)は、小説家伊藤左千夫の作品「野菊の墓」の舞台となった千葉県松戸市にある記念碑である。

1965年昭和40年)5月に完成した[1]

作品内容は、明治時代の矢切地域の農村田園風景を舞台にした悲恋物語である。

この文学碑は、左千夫の門人である土屋文明の筆になるものであり、小説「野菊の墓」の一節が刻まれている。

所在地・交通[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ “左千夫を偲ぶ、野菊の墓文学碑完成、松戸市”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 千葉版. (1965年5月5日) 

関連項目[編集]

座標: 北緯35度45分36.7秒 東経139度53分42.6秒 / 北緯35.760194度 東経139.895167度 / 35.760194; 139.895167