野見祐二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
野見 祐二
(のみ ゆうじ)
生誕 (1958-07-19) 1958年7月19日(61歳)[要出典]
出身地 日本の旗 日本
学歴 中央大学理工学部中途退学
職業 作曲家編曲家
担当楽器 シンセサイザー
共同作業者 おしゃれテレビ
坂本龍一

野見 祐二(のみ ゆうじ、1958年7月19日[要出典] - )は、日本作曲家編曲家東京都出身。

来歴[編集]

中央大学理工学部中退。友人に音楽制作を頼まれ、シンセサイザーを多重録音したレコードを自主制作する。野見の音楽を聴いた坂本龍一に認められ、1986年に坂本の監修で自身のユニットおしゃれテレビのアルバムをリリース。その後、『ラストエンペラー』など坂本の手がけた映画音楽に携わる。

1995年、『耳をすませば』(近藤喜文監督、宮崎駿脚本・絵コンテ、スタジオジブリ制作)の音楽を担当。また、宮崎の短編映画『くじらとり』、『コロの大さんぽ』と2本続けて参加し、『耳をすませば』のスピンオフ作品『猫の恩返し』(森田宏幸監督)でも音楽を担当している。また、テレビアニメでは、『ぼくらの』(森田宏幸監督、イズミプロジェクト)や『日常』(石原立也監督、東雲研究所)などで音楽を担当している。

神戸ルミナリエの音楽も3年連続で担当し、活動の場を広げている。

主な作品[編集]