野間光辰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

野間 光辰(のま こうしん、1909年11月 - 1987年4月30日)は、日本国文学者。号は般庵。京都大学名誉教授。専門は近世日本文学で、井原西鶴研究の第一人者。大阪府出身。

来歴・人物[編集]

旧制浪速高等学校を経て、1933年京都帝国大学国文科卒業。1949年京都大学助教授となり、1951年教授に昇任した[1]1973年、定年退官し名誉教授皇學館大学教授を1983年まで務めた。1974年、藤本箕山の『色道大鏡』を刊行した。終生、羽織はかま姿で教壇に立ち、文人の風格を漂わせる名物教授だった。勲二等受章。1987年4月30日叙正四位

実証的な学風で知られ、「刪補 西鶴年譜考證」で1984年読売文学賞(研究・翻訳賞)を受賞した。守随憲治暉峻康隆とともに日本近世文学会の創設に参画する[2]など、学界でも指導的立場にあった。また、近松門左衛門曲亭馬琴の研究においても成果を残している。

娘は人形作家の夢童由里子。弟に地理学者の野間三郎、甥にはフジテレビアナウンサーの野間脩平がいる。

主な著書[編集]

  • 西鶴新攷(筑摩書房 1948)
  • 西鶴年譜考証(中央公論社 1952)
  • 洛中独歩抄(淡交新社 1967)
  • 日本の旅人 高山彦九郎(京都日記 淡交社 1974)
  • 西鶴新新攷(岩波書店 1981)
  • 初期浮世草子年表・近世遊女評判記年表(青裳堂書店 1984)
  • 近世芸苑譜(八木書店 1985)
  • 近世作家伝攷(中央公論社 1985)
  • 談林叢談(岩波書店 1987)

編纂[編集]

  • 新修京都叢書(臨川書店)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 濱田啓介 (1987) (日本語), 愴愴として書す, 日本近世文学会, doi:10.20815/kinseibungei.47.0_75, https://doi.org/10.20815/kinseibungei.47.0_75 2020年3月7日閲覧。 
  2. ^ 大谷篤蔵 (1987) (日本語), 野間さんと近世文学会, 日本近世文学会, doi:10.20815/kinseibungei.47.0_74, https://doi.org/10.20815/kinseibungei.47.0_74 2020年3月7日閲覧。 

関連項目[編集]