野間児童文芸新人賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

野間児童文芸新人賞(のまじどうぶんげいしんじんしょう)は、講談社初代社長、野間清治の遺志により設立された財団法人野間文化財団が1963年から1998年にかけて運営していた文学賞である。当初は野間児童文芸推奨作品賞として設けられたが、第26回より野間児童文芸新人賞となった。対象作品は、前年8月1日から当年7月31日までの過去1年間に刊行・発表された新人の作品だった。1998年の第36回で終了した。

受賞作一覧[編集]

第1回から第10回[編集]

第11回から第20回[編集]

第21回から第30回[編集]

  • 第21回(1983年) - 堀内純子 「はるかな鐘の音」
  • 第22回(1984年) - 日比茂樹 「白いパン」
  • 第23回(1985年) - 和田英昭 「地図からきえた町」
  • 第24回(1986年) - 今村葦子 「ふたつの家のちえ子」
  • 第25回(1987年) - 三輪裕子 「ぼくらの夏は山小屋で」
  • 第26回(1988年) - いせひでこ 「マキちゃんのえにっき」、斉藤洋 「ルドルフともだちひとりだち」
  • 第27回(1989年) - 該当作品なし
  • 第28回(1990年) - 石原てるこ 「友だち貸します」
  • 第29回(1991年) - 大谷美和子 「きんいろの木」、中澤晶子 「ジグソーステーション」
  • 第30回(1992年) - 岡田なおこ 「薫ing」

第31回から第36回[編集]

関連項目[編集]