野間省一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

野間 省一(のま しょういち、1911年4月9日 - 1984年8月10日)は、日本の出版人、実業家講談社第4代社長。日本書籍出版協会会長。出版文化国際交流会会長。日本雑誌広告協会会長。旧姓:高木。

戦後の講談社を牽引した。

第6代社長・野間佐和子は省一の長女、第5代社長・野間惟道は女婿。この2人の長男で、第7代社長(現職)の野間省伸は省一の孫にあたる。

経歴[編集]

  • 1911年 静岡県静岡市に、高木磯吉の三男として生まれる。兄・三吉はのちの講談社取締役。
  • 静岡県立静岡中学校(現静岡県立静岡高等学校)卒業、旧制静岡高等学校(現静岡大学)へ。
  • 東京帝国大学(現東京大学法学部在学中に高等文官試験の司法・行政の2科に合格。
  • 1934年 卒業後、南満州鉄道株式会社に入社。入社後1年半でハルビン鉄道局文書係長に抜擢される。
  • 1941年5月26日 野間清治左衛夫妻の長男・(講談社第2代社長)の未亡人である登喜子と結婚、野間家に入る[1]。7月19日常務取締役就任。
  • 1945年11月17日 第3代社長・野間左衛辞任、第4代社長に就任するが、戦争責任問題で翌年1月26日辞任。尾張真之介が代表取締役に就く。
  • 1949年6月7日 社長に復帰。
  • 1954年 経営危機が深刻化。事態打開のため「社長白書」を発表し、体質改善、作業合理化、経費削減などを社員に訴える。
  • 1961年 キングレコード会長。
  • 1971年 脳血栓で倒れる。社長代行に服部敏幸が就任。
  • 1976年 モスクワ大学より名誉博士号贈呈。
  • 1979年 創業70周年事業として「野間アフリカ出版賞」「野間識字賞」「アジア・アフリカへの留学生奨学金制度」を創設。
  • 1981年 野間惟道が第5代社長に就任し、名誉会長に。
  • 1984年 死去。墓所は護国寺の野間家墓地。

主な受勲、受章[編集]

創刊した主な雑誌、シリーズ[編集]

参考文献[編集]

  • クロニック講談社の90年(講談社、非売品)

脚注[編集]

  1. ^ 省一の兄・高木三吉が第3代社長・野間左衛の姪と結婚していたことから左衛によって登喜子の婿に迎えられた。
先代:
野間左衛
講談社社長
第4代(1945年 - 1981年
次代:
野間惟道