金丸徳重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

金丸 徳重(金丸 德重、かなまる とくしげ、1900年8月24日 - 1997年8月17日[1])は、日本の政治家。日本社会党衆議院議員(5期)。

経歴[編集]

山梨県出身。1928年東北帝国大学法文学部卒。逓信省に入り、満洲国に渡る。満洲国では交通部事務官、総務庁参事官を務め帰国した。その後熊本逓信局長、郵政省簡易保険局長を務める。1951年天野久山梨県知事のもとで副知事に就任。1955年に副知事を辞職し、山梨県知事選挙に立候補したが、現職の天野久に敗れた。1958年第28回衆議院議員総選挙山梨県から日本社会党公認で立候補して当選。1960年第29回衆議院議員総選挙で落選。落選中の1963年の山梨県知事選挙に再び立候補したが敗れた。同年の第30回衆議院議員総選挙で復帰した。以来連続4回当選。1976年の総選挙に出馬せず引退した。 後に日本電信電話公社経営委員会委員に就任した。1997年死去。

脚注[編集]

  1. ^ 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』169頁。

参考文献[編集]

  • 『議会制度百年史 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。ISBN 9784816918056