金丸駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金丸駅
駅舎
駅舎
かねまる
Kanemaru
千路 (3.7km)
(3.6km) 能登部
所在地 石川県鹿島郡中能登町金丸ヌれ49
所属事業者 西日本旅客鉄道(JR西日本)
所属路線 七尾線
キロ程 37.5km(津幡起点)
金沢から49.0km
電報略号 ナマ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線[1]
開業年月日 1898年明治31年)4月24日[1]
備考 無人駅[1](自動券売機 有)
テンプレートを表示

金丸駅(かねまるえき)は、石川県鹿島郡中能登町金丸にある、西日本旅客鉄道(JR西日本)七尾線である[1]

歴史[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線で、列車交換が可能な地上駅である[1]七尾鉄道部管理の無人駅[1]

駅舎は旧来からの瓦葺のもので[1]、跨線橋が駅舎の内部から直接出るという特異な構造を持っていたが、金丸駅振興会の「ギャラリー朱鷺」が併設された新しい駅舎が2005年平成17年)5月12日にオープンした[1]。駅舎内に自動券売機が設置されている。なお、新駅舎も旧駅舎同様に跨線橋が駅舎の内部から直接出ている[1]

駅舎反対側の上りホーム側にも勝手口が設けられている。

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先
駅舎側 七尾線 下り 七尾方面
反対側 七尾線 上り 津幡金沢方面
  • 案内上ののりば番号は設定されていない(のりば番号標はなく、駅掲示時刻表にも番号にも記載はない)。
  • 下り線が一線スルー化されており、行き違いを行わない通過列車に限り、上り列車も下り線を通過する[1]。ただし、一般的な一線スルーとは異なり、上りと下りの本線は現在も分けられている。

駅周辺[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 『週刊 JR全駅・全車両基地』43号 富山駅・高岡駅・和倉温泉駅ほか、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2013年6月16日、27頁。

隣の駅[編集]

西日本旅客鉄道
七尾線
千路駅 - 金丸駅 - 能登部駅

関連項目[編集]