金井貴一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

金井 貴一(かない きいち、1936年2月20日[1] - )は、日本の放送作家小説家。ペンネームは谷川涼太郎、あすかみちお、瀬川貴一郎。

人物・経歴[編集]

大阪府出身、近畿大学卒業後、谷川涼太郎のペンネームで1969年江戸川乱歩賞に応募、以後最終候補に4回残る。NHKMBSなどでテレビドラマの脚本を数多く手がける。1998年「謀略の鉄路」「毒殺」「転覆」を本名で刊行、谷川涼太郎名の新境地として本格旅情ミステリー「八坂圭一郎警部シリーズ」を発表する。また、瀬川貴一郎名では、時代小説「のらくら同心手控帳」「かげろう医者純真剣」シリーズなどを上梓している。

作品[編集]

担当していたテレビ番組[編集]

  • 「中学生日記」、NHK
  • 「近松青春日記」、NHK
  • 銀河テレビ小説「妻・愛は迷路」、NHK
  • ドラマ30「ああ嫁姑”姑の妊娠”」、MBS
  • ドラマダス「愛霊界~淋しがりやの幽霊たち~」、KTV
  • 「部長刑事シリーズ」、ABC

担当していたラジオ番組[編集]

  • FMシアター「かわいい女」、NHK

著書[編集]

・金井貴一名義

『とってもテレフォン 異性・恋 NHK中学生日記18』(ポプラ社版、、ポプラ社、1994年2月)

『謀略の鉄路(レール)』(Kosaido blue books、廣済堂出版、1998年5月)

『毒殺 小説・帝銀事件』(廣済堂出版、1999年3月)

『小説・下山事件 謀略の鉄路』(廣済堂文庫、廣済堂出版、2001年1月)

『消えた密書 小説・日本国憲法』(廣済堂出版、2001年6月)

『毒殺 小説・帝銀事件』(廣済堂文庫、廣済堂出版、2001年9月)

『転覆 小説・松川事件』(廣済堂出版、2002年3月)

・あすかみちお名義

『殺し屋はMAIKOがお好き パリ~祇園は恋とスリルの都』(Twilight books、廣済堂出版、1996年5月)

『呪いの殺人方程式』(Twilight books、廣済堂出版、1996年10月)

『キーワードはMAIKO』(廣済堂文庫、廣済堂出版、1997年5月)

・谷川涼太郎名義

『京都嵯峨野花の殺人』(双葉文庫、双葉社、2002年10月)

『京都洛北炎の殺人』(双葉文庫、双葉社、2003年5月)

『京都・津和野仮面の殺人』(双葉文庫、双葉社、2003年11月)

『京都・尾道れんが坂の殺人』(双葉文庫、双葉社、2004年4月)

『四国祖谷渓霧の迷路』(双葉文庫、双葉社、2005年1月)

『友情の絆 警部・神宮寺恭介』(徳間文庫、徳間書店、2006年10月)

『消えた男 警部・神宮寺恭介』(双葉文庫、双葉社、2006年11月)

・瀬川貴一郎名義

『のらくら同心手控帳』(徳間文庫、徳間書店、2008年7月)

『のらくら同心手控帳 銀嶺の鶴』(徳間文庫、徳間書店、2008年10月)

『のらくら同心手控帳 蛍火の里』(徳間文庫、徳間書店、2009年1月)

『のらくら同心手控帳 化身の鯉』(徳間文庫、徳間書店、2009年4月)

『のらくら同心手控帳 蜉蝣の宴』(徳間文庫、徳間書店、2009年8月)

『のらくら同心手控帳 山陰の家』(徳間文庫、徳間書店、2010年1月)

『のらくら同心手控帳 鴛鴦の春』(徳間文庫、徳間書店、2010年4月)

『かげろう医者純真剣 明日草の命』(徳間文庫、徳間書店、2010年6月)

『かげろう医者純真剣 桃花香の女』(徳間文庫、徳間書店、2010年10月)

『かげろう医者純真剣 恋女房の涙』(徳間文庫、徳間書店、2011年1月)

『空蝉同心隠書 盗人の上前』(徳間文庫、徳間書店、2011年5月)

『空蝉同心隠書 武士の風上』(徳間文庫、徳間書店、2011年8月)

『空蝉同心隠書 闇夜の鉄砲』(徳間文庫、徳間書店、2012年1月)

『空蝉同心隠書 平蔵誘拐』(徳間文庫、徳間書店、2012年5月)

『空蝉同心隠書 大江戸焼尽』(徳間文庫、徳間書店、2012年10月)

『長谷川平蔵残心帳』(徳間文庫、徳間書店、2013年6月)

『南町奉行所脇同心 飢狼』(徳間文庫、徳間書店、2014年10月)

『のらくら同心手控帳』(電子書籍、歴史行路文芸文庫、歴史行路、2017年7月)

『のらくら同心手控帳 銀嶺の鶴』(電子書籍、歴史行路文芸文庫、歴史行路、2017年10月)

脚注[編集]

[ヘルプ]