金作町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本 > 愛知県 > 名古屋市 > 北区 > 金作町
金作町
—  町丁  —
手前に見える黒川と中央部の北清水親水広場が現在の町域の全部であり、奥に見える道は清水五丁目に属する。
金作町の位置(愛知県内)
金作町
金作町
金作町の位置(名古屋市内)
金作町
金作町
金作町の位置
座標: 北緯35度11分44.26秒 東経136度54分47.14秒 / 北緯35.1956278度 東経136.9130944度 / 35.1956278; 136.9130944
日本の旗 日本
都道府県 Flag of Aichi Prefecture.svg 愛知県
市町村 Flag of Nagoya, Aichi.svg 名古屋市
北区
人口 (2019年(平成31年)1月1日現在)[WEB 1]
 - 計 0人
等時帯 日本標準時 (UTC+9)
郵便番号 462-0000[WEB 2]
市外局番 052 (名古屋MA)[WEB 3]
ナンバープレート 名古屋

金作町(きんさくちょう[WEB 4])は、愛知県名古屋市北区にある地名。5丁目のみ現存[WEB 5]郵便番号は462-0000[注釈 1]。当地域の人口は0人。定住は不可能である。

地理[編集]

名古屋市北区南部に位置する。東は志賀町、西は黒川本通と杉村町字道下、南は清水五丁目、北は黒川本通。全域が黒川とその河川敷となっており、河川敷は北清水親水広場として整備されている。

河川[編集]

歴史[編集]

地名の由来[編集]

沿革[編集]

  • 1934年(昭和9年)7月15日 東区杉村町字金作の一部から成立。1 - 4丁目を設定。[1][2]
  • 1944年(昭和18年)7月1日 杉村町字金作・道下の各一部を5丁目とした。[2]
  • 1944年(昭和19年) 北区成立に伴って、北区金作町1~5丁目となる。
  • 1980年(昭和55年) 大部分が清水1 - 5丁目・柳原1 - 4丁目となる。[1]

交通[編集]

町域に主要道路・鉄道・バスは通っていない。

施設[編集]

  • 北清水親水広場

史跡[編集]

  • かつては、堀川水運の港が存在した。

人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 設定が無いため、北区その他地域に設定された番号が該当する。

出典[編集]

WEB[編集]

  1. ^ 町・丁目(大字)別、年齢(10歳階級)別公簿人口(全市・区別)” (日本語). 名古屋市 (2019年1月23日). 2019年1月23日閲覧。
  2. ^ 郵便番号”. 日本郵便. 2019年1月6日閲覧。
  3. ^ 市外局番の一覧”. 総務省. 2019年1月6日閲覧。
  4. ^ 名古屋市公式サイト 北区の町名一覧(2013年1月1日現在)” (2013年3月1日). 2013年6月10日閲覧。
  5. ^ マピオン 住所一覧(名古屋市北区金作町)”. 2013年6月10日閲覧。

書籍[編集]

  1. ^ a b 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 『角川日本地名大辞典 23 愛知県』、角川書店、1989年、496頁。
  2. ^ a b 名古屋市北区役所市民室『北区 私たちのまち』名古屋市北区役所、1979年3月、55頁。
  3. ^ 戸田恵子 2014, p. 105.

参考文献[編集]

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会 『角川日本地名大辞典 23 愛知県』、角川書店、1989年、496頁。
  • 戸田恵子 『戸田恵子の非公式なごやめし入門 おいしなつかしなごやのおはなし』 ぴあ、2014年6月10日(日本語)。ISBN 9784835618913。

関連項目[編集]