金冠塚

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
古墳名の由来となった金冠、
韓国国立中央博物館
環頭大刀には「尓斯智王」という文字が刻まれているが、どの王に相当するのかは不明

金冠塚(きんかんづか、朝鮮語: 금관총、クムグヮンチョン、Kumgwan-chong)は、大韓民国慶州市にある古墳群のひとつで、新羅時代5世紀末頃に造営された。

1921年、偶然発見され緊急発掘調査がおこなわれた。直径約46m、高さ約12mの円墳で、新羅独特の積石木槨墳の構造を有している[1]。被葬者は、金冠(ko:금관총 금관 및 금제 관식大韓民国指定国宝第87号)、切子玉・小玉・勾玉を連ねた首飾、金製腰佩(ようはい、ko:금관총 금제 허리띠、大韓民国指定国宝第88号)、金銀製(くしろ)、指輪、金銅製飾履(しょくり、かざりぐつ)をつけていた[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]