金剛薩埵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
金剛薩埵を中心に四明妃を描く「五秘密尊」(『図像抄』より)

金剛薩埵(こんごうさった、: वज्रसत्त्व Vajrasattva[1]: rdo rje sems dpa'[2], rdor sems[2])は、中期密教においては大日如来の教えを受けた菩薩。真言密教においては第二祖とされる。後期密教においては、法身普賢普賢王如来)、持金剛と並んで本初仏(原初仏)[注 1]へと昇格した。金剛(ダイヤモンド)のように堅固な菩提心を持つと称される。真言密教の付法の八祖の第二祖

金剛薩埵と持金剛[編集]

金剛薩埵(Vajrasattva)と持金剛(Vajradhara)はしばしば混交して信仰されることがあるが、本来的に別個の尊格である[3]

真言・三昧耶形・種字[編集]

真言は、

  • オン・バサラ・サトバ・アク [4]

三昧耶形金剛杵金剛界曼荼羅では五鈷杵、胎蔵曼荼羅では三鈷杵)。[要出典]

種字はバン(वँ、vaṃ[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ チベット仏教など後期密教では宇宙の根源としての仏すなわちĀdibuddhaを立てるが、近年この訳語としてこれが用いられている。

出典[編集]

  1. ^ 「金剛薩埵」 - 大辞林 第三版、三省堂。
  2. ^ a b rdo rje sems dpa' - TBRC
  3. ^ 吉崎 1994, pp. 308-307.
  4. ^ a b 「印と真言の本」、学研、2004年2月、 p.112

参考文献[編集]

  • 『印と真言の本』学研 2004年
  • 吉崎, 一美 (1994). “ネワール仏教における金剛阿闍梨, 金剛薩埵, 持金剛”. 印度學佛教學研究 (日本印度学仏教学会) 43: 310-307. doi:10.4259/ibk.43.310. 

関連項目[編集]