金原亭馬生 (9代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
9代目 金原亭(きんげんてい) 馬生(ばしょう)
本名 小林 捨吉
生年月日 1887年1月13日
没年月日 (1949-01-01) 1949年1月1日(61歳没)
出身地 日本の旗 日本
師匠 4代目橘家圓喬
5代目金原亭馬生
名跡 1. 橘家東喬(1910年 - 1913年)
2. 金原亭馬きん(1913年 - 1926年)
3. 9代目金原亭馬生(1926年 - 1939年)
4. 浅草亭馬道(1939年 - 1944年)
5. 9代目金原亭馬生(1944年 - 1949年)
活動期間 1910年 - 1949年

9代目金原亭 馬生(きんげんてい ばしょう、1887年1月13日 - 1949年1月1日)は、主に大正昭和期にかけて活躍した落語家。本名、小林捨吉。

初めは1910年3月に4代目橘家圓喬門下に入門し、東喬を名乗る。その後、大阪に移住していた5代目金原亭馬生(後の通称「赤馬生」と呼ばれる)門下に移籍し、1913年2月に金原亭馬きんとなり真打昇進。吉本興行部に所属していた。

師匠が1919年に帰京した後も上方で活動し、1926年11月金原亭馬生襲名。後の5代目古今亭志ん生が7代目金原亭馬生襲名前のことである。

後に東京に戻るが、既に1939年8代目金原亭馬生がいたので4年間だけ浅草亭馬道と改名した。8代目馬生没後の1944年2月に再度、馬生襲名。

1949年元旦に死去。享年62。墓所は台東区東淵寺。馬生没後10代目金原亭馬生7代目金原亭馬生の息子が襲名した。