金原弘光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金原 弘光
金原ひろみつ
基本情報
本名 金原 弘光
通称 リングス最後のエース
UWFの智将
美獣
金ちゃん
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1970-10-05) 1970年10月5日(47歳)
出身地 愛知県尾張旭市
所属 UWFインターナショナル
キングダム
リングス
→U.K.R.金原道場
身長 178cm
体重 90kg
階級 ミドル級
バックボーン プロレス
ムエタイ
テーマ曲 A Father's Nightmare
テンプレートを表示

金原 弘光(かねはら ひろみつ、1970年10月5日 - )は、日本男性プロレスラー総合格闘家愛知県尾張旭市出身。U.K.R.金原道場所属。

来歴[編集]

1991年12月22日、UWFインターナショナルの前田雅和戦でデビュー。1992年末に開催されたジュニアリーグ戦では、高山善廣などを押さえて優勝した。同団体がタイからムエタイのコーチを招聘していたことからムエタイに傾倒。タイで幾度かの試合を経験、1996年3月1日にはUインター興行でチャンプア・ゲッソンリットK-1ルールで対戦し、同時期には石井和義館長からもK-1本格参戦のラブコールを受けていた。頭脳的なファイトスタイルから「UWFの智将」と呼ばれた。 idts その後キングダムに戦いの場を移し、1998年には山本喧一と共にリングスに移籍した(3月28日の興行から出場、7月5日付けで正式所属)。

リングス時代は12連勝という記録を樹立、KOKルールに移行してからはダン・ヘンダーソンヒカルド・アローナジェレミー・ホーンマット・ヒューズアントニオ・ホドリゴ・ノゲイラらと激闘を展開。後にアブダビコンバットで優勝するアレッシャンドリ・カカレコには一本勝ちを収めるなどリングス最後のエースとして活躍。

2000年3月、アブダビコンバット99kg未満級に出場。1回戦でヒカルド・アローナと対戦し、判定負け。

2002年にリングスが活動停止すると、PRIDEに参戦。2002年11月24日、PRIDE.23のミドル級(-93kg)タイトルマッチでヴァンダレイ・シウバと対戦し、セコンドのタオル投入でTKO負けを喫し王座獲得に失敗した。その後、ミルコ・クロコップアリスター・オーフレイムマウリシオ・ショーグンと戦うがPRIDEでは4戦全敗となった。

2005年10月2日、初参戦となったパンクラス近藤有己と対戦し、判定負け。

2005年11月5日、HERO'S初参戦となったHERO'S 2005 in SEOULでハリッド"ディ・ファウスト"と対戦し、0-2の判定負け[1]

2006年8月15日、友人でもあるエンセン井上がプロデュースした興行「『心』 〜Kill or be Killed〜」に出場し、アブドルザコフ・ルスランにヒールホールドで一本勝ち[2]。4年7か月ぶりの勝利となった。

2006年10月28日、MARS 05でマルセロ・ブリットと対戦し、腕ひしぎ十字固めで見込み一本負け。金原はレフェリー・主催者に対し抗議した[3]。なお、金原の公式サイトでは「協議中」となっている[4]

2007年3月18日、パンクラスで川村亮と対戦。壮絶な殴り合いの末にKO負けを喫し、リング上で「あと1試合で引退します。パンクラスで引退します」と表明した[5]。その後、12月に引退を撤回した[6][7]

2008年3月26日、復帰戦となったパンクラスで竹内出と対戦し、0-3の判定負けを喫した。この試合からライトヘビー級からミドル級に階級を下げた[8]

2009年4月16日、DEEP初参戦となったDEEP 41 IMPACTで長井憲治と対戦し、TKO勝ちを収めた[9]

2013年3月9日、「U-SPIRITS」にて近藤有己とUWFルールで引退試合を行う。ロストポイント1-4で敗れるも、試合後に「完全燃焼しました」と語り、更に「毎朝、神棚に手を合わせるんですが、今朝は涙が出ました。それだけ俺は真面目にやってきたんだなって思いました。天才たちがいる中で、才能のない自分がこれだけ出来たのは真面目にやってきたからだし、いろんな人が応援してくれたからです。ありがたかった。本当に皆さん、ありがとうございました」と感謝の気持ちを述べた[10]

2016年7月、用賀に「かねはら整骨院」を開院した[11]

人物[編集]

その他[編集]

  • 2005年韓国で行われたHERO'Sの大会では、韓国の実況アナウンサーが金原を「キム・フングァン」(金弘光 韓国語:김홍광)と紹介していた。
  • リングに入場した際には、顔の前で合掌をしながら、体をしゃがみこませ、くるりとリング中央で一回転する独特なパフォーマンスを毎回行っていた。
  • 2002年から一時期、占いにより、名前を漢字一字のひろみつ(弓へんに火、その下に鬼の脚の部分)という造字を使用。活字媒体は作字しなければいけないため、メディアによってはひらがなで表していた[12]

戦績[編集]

総合格闘技[編集]

総合格闘技 戦績
51 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
19 7 4 9 0 5 0
27 6 5 16 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× 近藤有己 20分終了 ロストポイント1-4 U-SPIRITS again 2013年3月9日
× 桜井隆多 3R0:46 肩固め DEEP HALEO IMPACT 〜三崎和雄引退セレモニー〜 2012年10月27日
佐々木有生 5分3R終了 判定0-0 GRABAKA LIVE! 2 2012年10月27日
× 坂下裕介 5分2R終了 判定0-3 DEEP CAGE IMPACT 2012 in TOKYO 〜OVER AGAIN〜 2012年4月7日
松井大二郎 5分2R終了 判定1-0 DEEP 57 IMPACT 〜12年目の現実〜 2012年2月18日
× 辰巳豪人 5分2R終了 判定0-3 DEEP 54 IMPACT 2011年6月24日
飛鷺輝 5分2R終了 判定3-0 DEEP 51 IMPACT 2010年12月11日
RYO 5分2R終了 判定0-0 DEEP 49 IMPACT 2010年8月27日
× 福田力 5分3R終了 判定0-3 DEEP 46 IMPACT 2010年2月28日
MAX宮澤 1R 0:25 KO(パンチ連打) DEEP 44 IMPACT 2009年10月10日
桜井隆多 5分2R終了 判定1-0 DEEP 42 IMPACT 2009年6月30日
長井憲治 2R 3:02 TKO(パウンド) DEEP 41 IMPACT 2009年4月16日
× 金井一朗 5分2R終了 判定0-3 PANCRASE 2008 SHINING TOUR 2008年10月1日
× KEI山宮 5分3R終了 判定0-3 PANCRASE 2008 SHINING TOUR 2008年6月1日
× 竹内出 5分3R終了 判定0-3 PANCRASE 2008 SHINING TOUR 2008年3月26日
× 川村亮 3R 1:36 KO(パンチ) PANCRASE 2007 RISING TOUR 2007年3月18日
× マルセロ・ブリット 1R 0:49 腕ひしぎ十字固め MARS 05 "MARCHING ON" 2006年10月28日
アブドルザコフ・ルスラン 1R 2:02 ヒールホールド 『心』 〜Kill or be Killed〜 2006年8月15日
× アルボーシャス・タイガー 5分2R終了 判定0-3 PANCRASE 2006 BLOW TOUR
【ヘビー王者決定トーナメント 1回戦】
2006年4月9日
× ハリッド"ディ・ファウスト" 5分2R終了 判定0-2 HERO'S 2005 in SEOUL 2005年11月5日
× 近藤有己 5分3R終了 判定0-3 PANCRASE 2005 SPIRAL TOUR 2005年10月2日
× ユーリ・ベキシェフ 1R TKO(カット) Rings Russia: CIS vs. The World 2005年8月20日
× マウリシオ・ショーグン 1R 1:40 TKO(サッカーボールキック) PRIDE.29 SURVIVAL 2005年2月20日
× アリスター・オーフレイム 2R 3:52 TKO(ドクターストップ) PRIDE.28 2004年10月31日
× ミルコ・クロコップ 2R(10分/5分)終了 判定0-3 PRIDE 武士道 -其の参- 2004年5月23日
× ヴァンダレイ・シウバ 1R 3:31 TKO(タオル投入) PRIDE.23
【PRIDEミドル級タイトルマッチ】
2002年11月24日
イリューヒン・ミーシャ 5分3R終了 判定0-1 リングス WORLD TITLE SERIES GRAND-FINAL 2002年2月15日
ポール・カフーン 5分3R終了 判定2-1 リングス WORLD TITLE SERIES 2001年12月21日
ケリー・ジェイコブ 2R 2:51 ポイントアウト リングス WORLD TITLE SERIES 2001年10月20日
× マット・ヒューズ 延長R終了 判定0-3 リングス WORLD TITLE SERIES 〜旗揚げ10周年記念特別興行〜 2001年8月11日
× ヒカルド・アローナ 2R 0:53 膝十字固め リングス 10th ANNIVERSARY WORLD TITLE SERIES
【ワールドタイトル決定トーナメント ミドル級 1回戦】
2001年6月15日
× アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ 2R 0:27 チョークスリーパー リングス KING of KINGS GRAND-FINAL
【準決勝】
2001年2月24日
デイブ・メネー 延長R 3:24 KO(パンチ) リングス KING of KINGS GRAND-FINAL
【準々決勝】
2001年2月24日
トム・サワー 1R 4:14 KO(パンチ) リングス KING of KINGS Bブロック
【2回戦】
2000年12月22日
アレッシャンドリ・カカレコ 2R 2:45 アームロック リングス KING of KINGS Bブロック
【1回戦】
2000年12月22日
ジョシュ・ホール 5分2R終了 判定2-1 Rings USA: Rising Stars Block B
【RISING STARS ミドル級 2回戦】
2000年7月22日
エイドリアン・セラーノ 1R 2:07 アームロック Rings USA: Rising Stars Block B
【RISING STARS ミドル級 1回戦】
2000年7月22日
× レナート・ババル 2R(10分/5分)終了 判定0-3 リングス Millennium Combine II 2000年6月15日
× マリオ・スペーヒー 5分2R終了 判定0-2 コロシアム2000 2000年5月26日
ヴァレンタイン・オーフレイム 1R 4:32 KO(パンチ) Rings Holland: There Can Only Be One Champion 2000年2月6日
× ダン・ヘンダーソン 5分2R終了 判定0-1 リングス RISE 6th KING of KINGS Aブロック
【2回戦】
1999年10月28日
ジェレミー・ホーン 5分2R終了 判定2-0 リングス RISE 6th KING of KINGS Aブロック
【1回戦】
1999年10月28日
坂田亘 20分終了 ロストポイント差 リングス RISE 5th 1999年8月19日
成瀬昌由 30分終了 ロストポイント差 リングス RISE 4th 1999年6月24日
× ヴァレンタイン・オーフレイム 4:35 TKO(タオル投入) リングス RISE 3rd 1999年5月22日
× 田村潔司 20:14 腕ひしぎ十字固め リングス RISE 1st 1999年3月22日
× ヒカルド・モラエス 20分終了 判定 リングス 前田日明引退試合 〜THE FINAL〜 1999年2月21日
× ヴォルク・ハン 13:22 アキレス腱固め リングス WORLD MEGA-BATTLE TOURNAMENT 1998
〜第1回国別対抗戦FNRカップ〜 GRAND-FINAL
1999年1月23日
ハンス・ナイマン 9:04 腕ひしぎ十字固め リングス WORLD MEGA-BATTLE TOURNAMENT 1998
〜第1回国別対抗戦FNRカップ〜 SEMI-FINAL
1998年12月23日
デイブ・フォン・デ・フェーン 7:24 アームロック リングス WORLD MEGA-BATTLE TOURNAMENT 1998
〜第1回国別対抗戦FNRカップ〜 Bブロック 1st.ROUND
1998年11月20日
ディミータ・ペトコフ 4:55 腕ひしぎ十字固め リングス WORLD MEGA-BATTLE TOURNAMENT 1998
〜第1回国別対抗戦FNRカップ〜 Aブロック 1st.ROUND
1998年10月23日
リー・ハスデル 15分終了 ロストポイント差 Night of the Samurai 2 1998年10月11日
ウィリー・ピータース 6:57 裸絞め リングス FIGHTING INTEGRATION 6th 1998年9月21日
グロム・ザザ 10:17 裸絞め リングス FIGHTING INTEGRATION 5th 1998年8月28日
ディック・フライ 4:22 腕ひしぎ十字固め リングス CAPTURED 〜AKIRA MAEDA LAST MATCH〜 1998年7月20日
サンドラ・マック・キリアン 1R 3:25 腕ひしぎ十字固め リングス FIGHTING INTEGRATION 4th 1998年6月27日
坂田亘 2R 0:56 腕ひしぎ十字固め リングス Battle Genesis Vol.4 1998年6月20日
リー・ハスデル 30分終了 ロストポイント差 リングス FIGHTING INTEGRATION 3rd 1998年5月29日
トドール・トドロフ 9:17 TKO(レフェリーストップ) RINGS RUSSIA 1998 1998年4月25日
サンドラ・トンハウザー 6:26 アキレス腱固め リングス FIGHTING INTEGRATION 2nd 1998年4月16日
× イリューヒン・ミーシャ 14:03 アキレス腱固め リングス FIGHTING INTEGRATION 1st 1998年3月28日

グラップリング[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
× ヒカルド・アローナ ポイント0-16 ADCC 2000
【99kg未満級 1回戦】
2000年3月

キングダム[編集]

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
リック・ルセーロ 4:55 ダブルリストロック キングダム/後楽園ホール 1998年1月28日
エディ・ルイス 3:47 腕ひしぎ十字固め キングダム/国立代々木第2体育館 1997年12月14日
桜庭和志 7:18 KO キングダム/鹿児島アリーナ 1997年12月8日
× 桜庭和志 11:41 腕ひしぎ逆十字固め キングダム/博多スターレーン 1997年12月2日
パトリック・スミス 5:18 腕ひしぎ逆十字固め キングダム/札幌中島体育センター 1997年11月19日
松井駿介 6:11 腕ひしぎ逆十字固め キングダム/函館市民体育館 1997年11月15日
安生洋二 8:46 腕ひしぎ逆十字固め キングダム/後楽園ホール 1997年11月3日
× 桜庭和志 4:15 TKO キングダム/別府ビーコンプラザ 1997年9月20日
日高郁人 1:56 ダブルリストロック キングダム/別府ビーコンプラザ 1997年9月20日
佐野友飛 7:20 腕ひしぎ逆十字固め キングダム/後楽園ホール 1997年9月3日
× 佐野友飛 6:49 腕ひしぎ逆十字固め キングダム/新潟市体育館 1997年8月22日
高山善廣 7:10 腕ひしぎ逆十字固め キングダム/新潟市体育館 1997年8月22日
ビリー・ジャック・スコット 2:56 足首固め キングダム/新潟市体育館 1997年8月22日
ニコラス・スタークス 2:33 ダブルリストロック キングダム/国立代々木第2体育館 1997年7月29日
山本健一 7:14 スリーパーホールド キングダム/国立代々木体育館 1997年5月4日

映画[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [HERO'S] 11.5 韓国:秋山、奥田に勝利。金原・山本篤敗れる BoutReview 2005年11月5日
  2. ^ 【PUREBRED】エンセン弟子・加藤、一本勝ちでメインを締める。金原は復活勝利 格闘技ウェブマガジンGBR 2006年8月15日
  3. ^ 【マーズ】ミドル級トーナメントはダニエル・タベラが優勝、野地はKOで復活 格闘技ウェブマガジンGBR 2006年10月28日
  4. ^ 金原弘光オフィシャルサイト 戦績
  5. ^ 【パンクラス】またしても伝説誕生!川村が壮絶KO勝利、敗れた金原は引退表明 格闘技ウェブマガジンGBR 2007年3月18日
  6. ^ 引退撤回 金原弘光公式ブログ 2007年12月19日
  7. ^ 【パンクラス】3・26金原弘光が引退撤回で復帰戦、近藤へのリベンジも 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年1月31日
  8. ^ 【パンクラス】志田をKOしたサンドロが王座挑戦権を獲得、金原は竹内に完封負け 格闘技ウェブマガジンGBR 2008年3月26日
  9. ^ 【DEEP】まさに一撃必殺!極真カラテ出身の菊野が王座獲得、DREAM参戦へ 格闘技ウェブマガジンGBR 2009年4月16日
  10. ^ 【U-SPIRITS】金原弘光、近藤に敗れるも完全燃焼のラストマッチeFight 2013年3月9日
  11. ^ <無料記事>金原弘光、整骨院をオープン! 格闘家のセカンドライフとは何か?”. Dropkick :ブロマガ - ニコニコチャンネル   (2016年7月27日). 2016年7月31日閲覧。
  12. ^ 格闘家は占い師に頼りたくなる!?■金原弘光のゼロゼロ年代クロニクル⑤”. Dropkick :ブロマガ - ニコニコチャンネル   (2015年12月21日). 2016年7月31日閲覧。

関連項目[編集]