金原泰義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
金原 泰義
基本情報
本名 金 泰義
国籍 朝鮮民主主義人民共和国の旗 北朝鮮
生年月日 1981年11月17日(34歳)
出身地 日本の旗 日本
大阪府
所属 チーム・クラウド
身長 176cm
体重 70kg
階級 ライト級
バックボーン 柔道
テンプレートを表示

金原 泰義(かねはら やすのり、1981年11月17日 - )は、北朝鮮男性総合格闘家、元柔道家日本大阪府出身。チーム・クラウド所属。

在日朝鮮人3世で、本名は金 泰義(キム・テウイ、Kim Teui)。

来歴[編集]

近畿大学附属福山高校から近畿大学に進学し、柔道を経験。

2002年1月、近畿大学3年時に、日本国際柔道大会73kg級に北朝鮮代表として出場。

2003年1月12日、2003年嘉納治五郎杯国際柔道大会73kg級に北朝鮮代表として出場するも、1回戦で敗退した[1]

2003年9月、大阪城ホールで開催された世界柔道選手権大会86kg級に北朝鮮代表として出場するも、1回戦で敗退した。

2006年2月4日、総合格闘技デビューとなったMARS星野勇二と対戦し、判定ドロー。

2007年2月17日、CAGE FORCE初参戦となったCAGE FORCE EX -western bound-のライト級王座決定トーナメント1回戦で美木航と対戦し、右目尻カットでドクターストップ負けとなった。

2008年7月27日、DEEP初参戦となったDEEP 36 IMPACTのオープニングファイトで柴博と対戦し、パウンドでTKO勝ち。プロキャリア初白星となった。

2009年2月28日、CAGE FORCE EX -eastern bound-永田克彦と対戦し、判定ドロー。

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
10 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
3 3 0 0 0 2 0
5 1 1 3 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
KG心斗 1R 0:55 TKO(パウンド) CAGE FORCE 2009年9月12日
エリヤ 2R 3:00 TKO(パウンド) CAGE FORCE 10 2009年4月25日
永田克彦 5分3R終了 判定0-0 CAGE FORCE EX -eastern bound- 2009年2月28日
柴博 2R 0:19 TKO(パウンド) DEEP 36 IMPACT 2008年7月27日
× 児山佳宏 5分3R終了 判定0-3 CAGE FORCE EX -eastern bound- 2007年11月11日
× ドナルド・カウボーイ・セローン 2R 2:26 三角絞め CAGE FORCE 03 2007年6月9日
× 美木航 2R 1:21 TKO(ドクターストップ) CAGE FORCE EX -western bound-
【ライト級王座決定トーナメント 1回戦】
2007年2月17日
× 鹿又智成 5分2R終了 判定0-2 D.O.G. VII 2006年9月9日
× 美木航 5分2R終了 判定0-2 D.O.G. VI 2006年6月11日
星野勇二 5分2R終了 判定0-1 MARS in 有明 2006年2月4日

脚注[編集]

  1. ^ 嘉納治五郎杯国際柔道大会 73kg級トーナメント表 嘉納治五郎杯国際柔道大会公式サイト

関連項目[編集]