金周燦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
金 周燦(キム・ジュチャン)
Kim Joo-Chan
斗山ベアーズ #85
김주찬 (KIA 타이거즈).jpg
2015年の金周燦
基本情報
国籍 大韓民国の旗 韓国
出身地 京畿道水原市
生年月日 (1981-03-25) 1981年3月25日(39歳)
身長
体重
183 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手中堅手
プロ入り 2000年 2次ドラフトで三星ライオンズに指名
初出場 2000年4月5日
最終出場 2020年6月21日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

選手歴

コーチ歴

金 周燦(キム・ジュチャン、1981年3月25日 - )は、韓国出身の元プロ野球選手、野球指導者。

経歴[編集]

三星時代[編集]

2000年2次ドラフトで三星ライオンズに指名された。

ロッテ時代[編集]

2001年に馬海泳などとのトレードでロッテジャイアンツに移籍した。

快足を武器に、2004年内外野守れるユーティリティープレイヤーとして120試合に出場し、レギュラーに定着した。しかし2004年秋に韓国プロ野球界に衝撃を与えた兵役不正免除問題の容疑者となり、軍へ入隊した。

2007年に除隊されロッテに復帰すると、113試合に出場した。

2008年に北京五輪世界最終予選に出場したが、本大会の最終エントリーには登録されなかった。同年には打率.313を記録し、自身初のシーズン3割を記録しチームの3位進出に貢献した。

2009 ワールド・ベースボール・クラシックの予備選手だったが、最終エントリーには登録されなかった。

2010年は自己最多となる65個の盗塁を記録したが、惜しくも1個差で李大炯(LGツインズ)との盗塁王争いに敗れた。

2011年は肩への死球で骨折し2ヶ月近く戦線から離脱したこともあり、86試合のみの出場にとどまった。

2012年は118試合に出場、通算300盗塁を記録した。

起亜時代[編集]

同年オフに初のFA(フリーエージェント)を行使し、2013年より4年契約で起亜と契約し移籍した。彼の補償選手には洪性民が選ばれた。だが同年は負傷でわずか47試合の出場に終わった。

2014年と2015年も負傷による戦線離脱の時期が長く規定打席に達しなかった。

2016年4月15日、ネクセン・ヒーローズ戦で前身のヘテ・タイガースも含め起亜タイガース史上初のサイクルヒット達成者となった。同年は自身初となる20本塁打・100打点以上を記録し、また自身初となるゴールデングラブ賞外野手部門を受賞した。

2017年シーズンオフに2度目のFAを行使し起亜に残留した。

2020年は柳旻相にレギュラー1塁のポジションを奪われ出場機会が減少。シーズン終了後、2021年保留選手名簿から外され自由契約選手となった[1]

その後は現役続行を希望していたが契約するチームはなく現役を引退した。

引退後[編集]

2021年から斗山ベアーズのコーチに就任した[2]

プレースタイル・人物[編集]

快足だが守備に難があるため、外野だけでなく一塁での起用も目立つ。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]







































O
P
S
2000 三星 60 48 15 3 2 0 5 22 7 2 4 16 0 3 .313 .458 .365 .824
2001 ロッテ(G) 86 300 94 21 4 4 31 57 29 8 26 56 7 13 .313 .450 .363 .813
2002 84 264 58 13 4 7 25 25 9 8 19 75 5 7 .220 .379 .271 .650
2003 55 125 20 5 1 3 3 12 7 2 5 33 1 0 .160 .288 .192 .480
2004 120 450 109 20 5 7 42 53 44 10 45 92 7 3 .242 .356 .310 .665
2005 入隊
2006
2007 ロッテ(G) 113 387 101 17 1 5 30 49 22 8 21 69 4 4 .261 .349 .298 .647
2008 104 412 129 16 7 1 42 75 32 18 32 61 6 9 .313 .393 .359 .752
2009 109 435 135 30 5 7 51 77 34 7 34 56 7 6 .310 .451 .356 .806
2010 118 485 134 18 4 9 40 89 65 19 36 65 5 5 .276 .386 .324 .710
2011 86 321 100 12 3 6 40 58 25 10 34 38 4 2 .312 .424 .377 .801
2012 118 435 128 27 3 5 39 62 32 13 37 48 7 2 .294 .405 .350 .755
2013 起亜 47 168 51 9 4 0 28 24 23 3 19 18 4 1 .304 .405 .374 .779
2014 100 399 138 32 4 9 46 72 22 10 35 48 11 3 .346 .514 .397 .911
2015 98 333 109 23 2 18 62 66 8 2 35 58 10 0 .327 .571 .383 .954
2016 130 511 177 37 3 23 101 97 9 6 37 68 13 3 .346 .566 .386 .952
2017 122 440 136 39 2 12 70 78 9 2 35 59 17 5 .309 .489 .359 .848
2018 121 429 146 23 0 18 93 71 8 1 28 57 15 3 .340 .520 .375 .895
2019 100 363 101 16 0 3 32 35 3 1 22 44 6 6 .300 .374 .340 .714
2020 7 18 6 0 0 1 2 3 0 1 0 2 2 0 .333 .500 .333 .833
通算:21年 1778 6297 1887 361 54 138 782 1025 388 132 506 963 131 75 .300 .440 .349 .789
  • 太字はリーグ最高

脚注[編集]

[脚注の使い方]