金哲彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金 哲彦(木下 哲彦) Portal:陸上競技
選手情報
国籍 大韓民国の旗 韓国
競技 陸上競技
種目 長距離走
生年月日 (1964-02-01) 1964年2月1日(54歳)
出身地 日本の旗 日本 福岡県北九州市門司区
マラソン 2時間11分48秒
編集 テンプレートのヘルプを表示する

金 哲彦(きん てつひこ、1964年2月1日 - )は、在日韓国人の元陸上競技選手、陸上競技駅伝解説者マラソン中継リポーター。現在NPO法人ニッポンランナーズ理事長、日本陸上競技連盟女子長距離マラソン強化部長、エディオン女子陸上競技部ゼネラルマネジャー、東京経済大学陸上競技部アドバイザリーコーチ、ライツネットワークメンバー。作家の高史明は叔父、実兄の木下和彦はフランス料理店「レストラン・キノシタ」のオーナーシェフ。

来歴[編集]

福岡県北九州市門司区出身。かつては日本名(通名)の「木下 哲彦」を名乗っていたが、大学卒業時に現在の韓国名に改称した。名前は韓国語読みでは「キム・チョロン(김철언)」となるが、日本語読みにしている。

中学校は北九州市立緑丘中学校出身。八幡大学付属高等学校(現在の九州国際大学付属高等学校)在学時、1・2年次には目立った活躍はなかったが、3年次、高校駅伝福岡県予選では区間賞を獲得。なお、高校の同級生に大東文化大学陸上競技部元監督の只隈伸也がいる。

その後早稲田大学に進み、教育学部卒業。在学中競走部に属し、中村清監督の下、箱根駅伝で活躍。特に上りに強く、5区のスペシャリストとして知られ、4年連続で5区を担当。区間賞を2度獲得するなど抜群の強さをみせ、1984年1985年には優勝に大きく貢献するなど「山登りの木下」の異名をとった。

卒業後、リクルートに一般社員として入社。リクルートには陸上競技部がなかったため、新たに部を創設した。1987年には別府大分毎日マラソンで3位に入る活躍をみせた。1995年、小出義雄監督の積水化学移籍に伴い、リクルート陸上競技部監督に就任。しかし、2001年に経営の合理化の一環で陸上競技部は消滅した。その後、金は当時日本ではあまり一般的でなかった陸上のクラブチーム・ニッポンランナーズを創設。これは、現在のクラブチームブームの嚆矢となった。

2006年大腸がんを発症し手術。そして翌年には早くもフルマラソンを完走した。

現在は、テレビのマラソン・駅伝中継の大半に規模を問わず顔を出し、解説者としてランナーの立場に立ったコメントを述べている。

マラソン成績[編集]

記録 順位 大会 備考
1 2時間27分39秒 42位 1983年 東京国際
2 2時間12分35秒 03位 1987年/a 別府大分毎日
3 2時間15分07秒 20位 1987年/b 福岡国際
4 2時間16分07秒 18位 1988年 福岡国際
5 2時間16分55秒 03位 1989年/a 東京国際
6 2時間23分40秒 42位 1989年/b ニューヨーク
7 途中棄権 1990年 東亜 韓国アジア大会選考会
8 2時間15分16秒 18位 1991年/a 東京国際
9 2時間21分38秒 00/優勝 1991年/b デュークシティ (アメリカ)
10 2時間17分00秒 06位 1991年/c シカゴ
11 2時間11分48秒 06位 1992年 東亜 (春川) 韓国バルセロナ五輪選考会

パートナーシップ[編集]

  • リーボック - 金が提唱するランニング法「体幹ランニング」をサポートする、ランニングシューズ・ウェア「TAIKAN」の共同開発を行う[1]

著作[編集]

  • 『マラソン金メダルへのセオリー オリンピック・アテネ大会』(メディアファクトリー、2004/7、ISBN 978-4840111171)
  • 『1分間やせる体幹ダイエット 走らないのに体型が変わる』(小学館、2005/7、ISBN 978-4093103763)
  • 『ハウツー フルマラソン完走 目指せホノルル! DVD』(金哲彦(出演)、日本メディアサプライ、2005/10)
  • 『金哲彦の“タイプ別”ランニング診断 フォームが「変わる!」「速くなる!」』(MCプレス、2006/4、ISBN 978-4901972451)
  • 『金哲彦のランニング・メソッド』(高橋書店、2006/11、ISBN 978-4471142124)
  • 『3時間台で完走するマラソン まずはウォーキングから』(光文社、2006/12、ISBN 978-4334033828)
  • 『金哲彦のマラソン完走クリニック 速く長く走れるようになる!』(宝島社、2007/8、ISBN 978-4796659451)
  • 『子供たちの足を速くする!(DVD付) 』(MCプレス、2007/10、ISBN 978-4862950000)
  • 『カラダ革命ランニング マッスル補強運動と、正しい走り方』(講談社、2007/10、ISBN 978-4062811507)
  • 『「体幹」ランニング』(講談社、2007/11、ISBN 978-4062144216)
  • 『「マラソン・駅伝」の素朴な大疑問』(PHP研究所、2007/12、ISBN 978-4569669458)
  • 『金哲彦のランニングダイアリー』(講談社、2008/11、ISBN 978-4062150965)
  • 『より速いタイムで走りたいランナーのための全国主要市民マラソンコース攻略ガイド』(白夜書房、2008/11、ISBN 978-4861914584)
  • 『金哲彦のマラソン練習法がわかる本』(実業之日本社、2009/1、ISBN 978-4408452036)
  • 『今日から始めるウォーキング&ランニング』(PHP研究所、2009/2、ISBN 978-4569706023)
  • 『からだが変わる体幹ウォーキング』(平凡社、2009/5、ISBN 978-4582854664)
  • 『金哲彦のランニングダイエット・メソッド』(学習研究社、2009/9、ISBN 978-4054042445)
  • 『気楽にチャレンジ!シリーズ 体幹ウォーキング DVD』(金哲彦(出演)、video maker (VC/DAS)、2009/12)
  • 『「走る女」のランニングメニュー』(講談社、2010/1、ISBN 978-4062160650)
  • 『走る意味 命を救うランニング』(講談社、2010/1、金哲彦自伝早稲田大学競走部監督:中村清との訣別、在日としての葛藤、ガン闘病、復活のサブスリー、ISBN 978-4062880374)
  • 『カリスマコーチ・金哲彦の美ボディー メイキング レッスン(DVD付)』(日経BP社、2010/3、ISBN 978-4822232818)
  • 『「体幹」ウォーキング』(講談社、2010/3、ISBN 978-4062157926)
  • 『金哲彦のウォーキング&スローラン みるみるカラダが変わる4ステップ』(高橋書店、2010/4、ISBN 978-4471142131)
  • 『金哲彦のマラソンレース必勝法42』(実業之日本社、2010/10、ISBN 978-4408453064)
  • 『誰でも「たった20回」の練習でフルマラソンを完走できる!』(マガジンハウス、2010/11、ISBN 978-4838722037)
  • 『絶対変わる!ウォーキング&ランニング 運動嫌い!経験ゼロ!でもうまくいく こんなにいいことがあるからみんなが走る』(PHP研究所、2011/2、ISBN 978-4569796031)
  • 『金哲彦のスマートランニング スマートフォンで進化したわたしのランニングライフ』(講談社、2011/10、ISBN 978-4062171557)
  • ランナーズ DVDブック 改訂版・金コーチが指導する確実に速くなる走り方』(アールビーズ
  • 『3か月でフルマラソン!』(NHK出版、2012/3、ISBN 978-4141897514)

関連書籍・DVD[編集]

出演[編集]

(中継解説は除く)

脚注[編集]