金哲柱 (軍人)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
キム・チョルジュ
金 哲柱
김철주
生誕 (1916-06-12) 1916年6月12日
大日本帝国の旗 朝鮮(日本統治時代)平安南道大同郡
死没 (1935-06-14) 1935年6月14日(19歳没)
金哲柱
各種表記
ハングル 김철주
漢字 金哲柱
発音 キム・チョルジュ
英語表記: Kim Chol-ju
テンプレートを表示

金 哲柱(キム・チョルジュ、朝鮮語: 김철주1916年6月12日 - 1935年6月14日)は、日本統治時代の朝鮮軍人独立運動家北朝鮮の初代最高指導者金日成の弟。

生涯[編集]

1916年、平安南道大同郡金亨稷康盤石の次男として誕生。1926年に、小学校に通う際、革命組織であるセナル少年同盟(朝鮮少年団の前身)のメンバーとなり、新聞『セナル』の発行に参加。1930年代初頭に、抗日遊撃隊に入隊。1935年延吉の石人溝付近において、日本軍との戦闘により死亡。遺骨の回収はできなかったが、後に大城山革命烈士陵に墓地が設けられた[1]

栄誉[編集]

以下に、金哲柱の名が付与された。

注釈[編集]

  1. ^ 차문석 (2006年8月13日). “북한의 열사릉, 그 상징과 폭력: 혁명열사릉과 애국열사릉”. 프로메테우스. 2008年6月5日閲覧。