金圓衡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金 圓衡
斗山ベアーズ コーチ #70
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
出身地 全羅北道全州市
生年月日 (1972-07-05) 1972年7月5日(47歳)
身長
体重
177 cm
75 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
プロ入り 1990年 1次ドラフトでサンバンウル・レイダースから指名
初出場 1991年4月11日
最終出場 2010年9月24日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

金 圓衡キム・ウォニョン1972年7月5日 - )は、大韓民国出身の元プロ野球選手投手)で野球指導者。

キム・ウォニョン
各種表記
ハングル 김원형
漢字 金圓衡
発音: キム・ウォニョン
キムォニョン
ローマ字 Kim Won-hyeong
本人表記: Kim, Won Hyung
テンプレートを表示

経歴[編集]

全州高校卒業後、1990年シーズンオフ、サンバンウル・レイダースに入団。当時、薄かった投手陣の事情と、先発として育てようとする当時の監督金寅植の計らいによって、新人の時から敗戦を積み上げながらも先発ローテーションの一角を担った。以後、チームの主軸投手として成長して当時童顔のおかげで「幼い王子様」の別名も得る。しかし、弱かったチーム戦力のため、力投が報われない場合が多く、よくて5割勝率、普段は負け越しで二桁勝利にはなかなか届かなかった。 1998年以後、親会社が財政的に苦しんで、主力を現金トレードで出して運営費に当てる渦中でも、彼はあいにく故障で出せなかったため、サンバンウル・レイダースの1軍リーグ参入から消滅までチームと共にした。

サンバンウルの解散の後は、他のチームメイトと共に、新球団SKワイバーンズに受け入れられて、同球団の創設メンバーになる。SK時代も事情は変わらず、貧弱な援護の中で孤軍奮闘することが多く、時が立つにつれ、故障や年齢の重ねから来る衰えなどで成績が下降線をたどるようになった。だが、2004年から再び復活の傾向を見せて、ローテーション選手の役割を果たす。2007年はレイボーン、ロマノなどの加入で、先発ローテーションから外され、中継ぎにまわされたが、チームは韓国シリーズで優勝。プロ生活17年目でようやく優勝の美酒を味わえた。

キャリアを通じて所属チーム戦力が弱かった時期がほとんどで、通算成績でも134勝を挙げながら、144敗と負け越した。2011年シーズン終了時点で、宋津宇に次ぎ、個人通算敗戦で2位にランクされている。

2008年シーズンは、先発が早期降板した時に登板するリリーフとして重用され、救援だけで12勝を上げてチームの公式戦1位に貢献したが、惜しくも連覇を達成した韓国シリーズでは登板機会がなかった。2009年シーズンは、プロ生活19年目にして初となる未勝利に終わった。

2010年シーズンは、2009年シーズン限りでの宋津宇などの引退により、韓国プロ野球で唯一20年以上現役を続けた選手となったが、プロ入り後最少の3試合の登板にとどまり、2年連続未勝利となった。2011年は1軍登板がなく、シーズン終了後現役を引退し21年間の選手生活に終止符を打ち、2012年からSKの2軍ルーキー投手コーチに就任した。同年4月8日には、SKの本拠地・文鶴野球場仁川広域市)で引退セレモニーも行われた。2014年よりSK1軍投手コーチに転任した。2016年10月よりロッテ・ジャイアンツの投手コーチに転任し、2018年はロッテの首席コーチだった。2019年より斗山の首席コーチへ転任。

通算記録[編集]





















































W
H
I
P
1991 サンバンウル 29 20 4 1 0 7 11 0 0 .389 597 136.1 131 12 71 2 7 75 5 1 77 71 4.69 1.48
1992 22 18 7 1 0 8 7 1 0 .533 578 138.1 125 13 54 1 6 104 5 1 60 51 3.32 1.29
1993 26 22 6 3 0 11 9 0 0 .550 572 135.1 115 9 60 2 10 87 6 0 50 44 2.93 1.29
1994 25 22 2 0 0 5 11 1 0 .313 588 132.0 143 14 52 4 11 75 5 0 85 79 5.39 1.48
1995 25 25 4 2 0 9 8 0 0 .529 627 143.2 145 14 58 1 13 69 2 0 82 63 3.95 1.41
1996 26 23 1 0 0 5 8 0 0 .385 554 126.2 133 10 51 4 5 69 7 1 71 58 4.12 1.45
1997 29 28 3 0 0 9 9 0 0 .500 649 157.0 139 13 43 2 7 80 4 0 62 48 2.75 1.16
1998 51 11 0 0 0 12 7 13 0 .632 611 150.0 130 10 42 5 6 109 11 1 54 42 2.52 1.15
1999 17 3 0 0 0 2 3 2 0 .400 154 37.0 30 3 13 0 3 38 5 0 22 20 4.86 1.16
2000 SK 29 13 0 0 0 2 13 5 0 .133 413 93.0 112 18 31 1 5 52 3 0 70 60 5.81 1.54
2001 26 25 1 0 0 9 9 0 0 .500 657 154.1 152 20 60 4 3 100 8 0 89 75 4.37 1.37
2002 13 12 0 0 0 4 5 0 0 .444 260 58.1 67 14 17 0 2 37 0 0 40 34 5.25 1.44
2003 30 9 0 0 0 7 7 1 4 .500 338 79.1 87 13 18 0 6 44 1 0 34 33 3.74 1.32
2004 30 20 1 0 0 8 6 1 1 .571 588 135.0 147 19 41 0 10 78 2 1 70 63 4.20 1.39
2005 30 30 0 0 0 14 8 0 0 .636 715 171.2 172 17 30 0 15 94 1 0 73 65 3.41 1.18
2006 24 23 0 0 0 5 9 0 0 .357 603 139.1 152 11 41 0 13 52 1 0 69 63 4.07 1.39
2007 43 7 0 0 0 5 4 0 4 .556 327 73.2 87 6 22 2 8 25 0 0 41 34 4.15 1.48
2008 42 4 0 0 0 12 6 2 2 .667 313 74.1 73 6 23 2 5 41 0 0 28 26 3.15 1.29
2009 25 2 0 0 0 0 4 0 1 .000 148 33.1 36 3 18 1 1 17 1 0 2 0 4.59 1.62
2010 3 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 11 2.1 3 0 0 0 0 0 0 0 2 0 0.00 1.29
2011 一軍出場なし
通算:21年 545 317 29 7 0 134 144 26 12 .482 9305 2171 2179 225 745 31 136 1246 67 5 1096 946 3.92 1.35