金坂健二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かねさか けんじ
金坂 健二
生年月日 (1934-09-22) 1934年9月22日
没年月日 (1999-07-02) 1999年7月2日(64歳没)
出生地 日本の旗 日本 東京都
職業 映画監督
映画評論家
活動期間 不明 - 1999年

金坂 健二(かねさか けんじ、1934年9月22日 - 1999年7月2日)は日本の映画作家、評論家、写真家。

来歴・人物[編集]

東京都生まれ。祖父はうなぎ屋だが、父親は家業を継がず家を貸して不動産収入で遊食していた[1]。足立区立千住小学校から旧制東京都立江北中学校に入学、学制改革を経て、1952年東京都立江北高等学校卒業[1]。同校在学中は美術部に籍を置き、英語が得意で、成績は学年400人中1番から2番で通していた[1]東京大学に落ちて1浪で早稲田大学慶應義塾大学文学部に合格し[1]、後者に入学、1957年[1]、同英米文学科卒業[2]松竹映画国際部に社長(城戸四郎[1])付きの通訳として籍を置き、ハーヴァード大学の国際セミナーに参加するうちに米国のアングラ映画作家と知り合い、松竹を休職中にフルブライト基金を受けて渡米、ノースウェスタン大学に1年間留学[3]。映画『アメリカ、アメリカ、アメリカ』を完成して学校を離れ[3]、日本に帰国後、1966年に映画『ホップスコッチ』を完成[4]イッピーアビー・ホフマンジェリー・ルービンと親交があった。

1964年、飯村隆彦石崎浩一郎大林宣彦高林陽一佐藤重臣ドナルド・リチー足立正生らと実験映画製作上映グループ「フィルム・アンデパンダン」を結成。

映画作品[編集]

  • 『燃えやすい耳』(1963年)シカゴ・ハルハウス国際実験映画祭最高賞受賞
  • 『アメリカ、アメリカ、アメリカ』
  • 『ホップスコッチ』(1966年)

著書[編集]

関連文献[編集]

  • 北沢夏音「Apocalypse '60S 金坂健二 アンダーグラウンドのルシファー」(2009年から2011年、『spectator』誌の第20号から第23号に連載)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 北沢夏音「Apocalypse '60S 金坂健二 アンダーグラウンドのルシファー」第3回(『spectator』誌第22号、2010年)
  2. ^ 金坂健二『俺たちのアメリカ』著者略歴
  3. ^ a b 金坂健二『俺たちのアメリカ』165頁
  4. ^ 金坂健二『俺たちのアメリカ』164頁