金城会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

金城会(きんじょうかい)は、創価学会の最高幹部の警護を務めるグループ。

概要[編集]

金城会の会員数は約2000名で全国各地域の一般会員である。ほとんどが20 - 30代の体格の良い男性であり、柔道合気道などの有段者が多いと言う[1]。実働部隊は約500人で、実際に第一警備と共に警護に当たるのは約30人だと言われている[1]

歴史[編集]

1955年前後、当時の戸田城聖会長が病気療養を繰り返すと、会長のそばにいて守りたいという創価学会の会員が自発的に集まる様になり、やがて特別警備(特警)と呼ばれるようになった[1]。TKの文字が刻印されたバッジ(特別警備の略)を付けており、このバッジの第1号は池田大作・青年部参謀室長(当時、後に3代会長)が持っていたと言う[1])。特別警備は、創価学会会長に池田が就任した後、「難攻不落の堅固な城の守り」を意味する金城会と命名された[1]

備考[編集]

  • 金城会が警護するのは池田名誉会長のみで、創価学会の秋谷栄之助会長(当時、現在の会長は原田稔)以下の創価学会幹部の身辺警護にはつかない[2]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 古川利明 『シンジケートとしての創価学会=公明党』 第三書館1999年。 ISBN 978-4807499243
  2. ^ 古川利明 『システムとしての創価学会』 第三書館、1999年、58頁。 ISBN 978-4807499229

関連項目[編集]