金城哲夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
きんじょう てつお
金城 哲夫
本名 金城 哲夫
生年月日 (1938-07-05) 1938年7月5日
没年月日 (1976-02-26) 1976年2月26日(37歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都港区[1]
出身地 沖縄県島尻郡南風原町
死没地 沖縄県
職業 脚本家
活動期間 1962 - 1976年
主な作品
1966年
ウルトラQ
ウルトラマン
快獣ブースカ
1967年
ウルトラセブン
1968年
怪奇大作戦
マイティジャック
1971年
帰ってきたウルトラマン』第11話
テンプレートを表示

金城 哲夫(きんじょう てつお、1938年7月5日 - 1976年2月26日)は、日本の脚本家沖縄県島尻郡南風原町出身。第一期ウルトラシリーズを企画し、文芸部長としてシリーズの基礎を作り上げた一人である[2]

来歴[編集]

東京で生まれたが、中学までを沖縄で過した[3]那覇高校の受験に失敗、上京して玉川学園高等部玉川大学文学部教育学科卒業。玉川時代に、恩師である上原輝男の影響を受け、脚本に興味を持ち始める[2]。上原より教え子の一人だった円谷皐を介して円谷英二を紹介され[4]、円谷特技研究所に出入りしながら東宝特撮映画で健筆を振るっていた関沢新一から脚本家としての指導を受ける[5]。関沢の薫陶による「ポジティブな娯楽(エンターテインメント)志向」は以後の金城の作風の根幹をなした。1962年TBSのテレビドラマ『絆』でデビュー[6][4][5]。同年、一度帰郷し映画『吉屋チルー物語』を製作[6][5]

1963年4月に設立された円谷特技プロダクションへ参画、企画文芸部の主任として『ウルトラQ』『ウルトラマン』『快獣ブースカ』『ウルトラセブン』など、黎明期の円谷プロが製作した特撮テレビ映画の企画立案と脚本を手掛ける[5]。『Q』『マン』の相次ぐ高視聴率により怪獣ブームを巻き起こし順風満帆かと思われたが、大人向けの特撮を目指した1968年製作の『マイティジャック』は、平均視聴率が8.3%と低迷したために1クールで打ち切りとなってしまう。挽回を図った『怪奇大作戦』は、平均視聴率22%と健闘したものの、番組の提供スポンサーが「ウルトラに比べて低い」という判断を下したために、予定の2クールで終了[注釈 1]。番組の受注が途絶えた円谷プロは経営状態の悪化に伴い、大幅なリストラを敢行し始める。その煽りで文芸部も廃され、以前のような発言力を失った金城は今後はシナリオライターではなくプロデューサーへ専念するように迫られたことで、1969年に円谷プロを退社した。その後は沖縄県に帰郷し、ラジオパーソナリティ、沖縄芝居の脚本・演出、沖縄海洋博の構成・演出などで活躍した。

1976年2月23日、泥酔した状態で自宅の離れ[注釈 2]2階の仕事場へ外から直接入ろうとして足を滑らせ、転落[注釈 3]。直ちに病院に搬送されたが、3日後の2月26日に脳挫傷のため死去。37歳没。

評価[編集]

自身の脚本執筆だけでなく、『Q』では企画・文芸・制作プロデューサーとして活動し、各方面のシナリオライターへのプロットの発注や改訂作業を行い、監督と脚本のローテーションを組むなど「脚本監修」「シリーズ構成」の役割を担い、『Q』・『マン』・『セブン』の高い完成度に貢献した、初期円谷プロ最大の功労者の一人[5]。オーソドックスながら骨太で力強いドラマ作りを行い、殊に映像化を念頭に置いた躍動感あふれるト書き[注釈 4]については高野宏一や中野稔といった特撮スタッフの多くが「非常に刺激になった」、「映像化への意欲を大いにそそられた」と口を揃えて証言している。また円谷プロ時代の同僚ライターであった上原正三は「金城が物語の本流を決めてくれていたからこそ、自分や実相寺昭雄が安心して変化球を投げることができた」と述懐している[7]

円谷プロダクションの満田かずほは、金城が帰郷した理由について「ゆっくり小説を書くため」であったと金城の父が語っていたことを証言している[4]

ウルトラセブン』に登場するキングジョーの名前は、金城の実父のあだ名が元ネタである[4]。『ウルトラマンマックス』第22話『胡蝶の夢』では、造形家の女が怪獣の名前をカイトに尋ねられた際、名前からの発想を「天才・金城哲夫的」と評するセリフがある。

ウルトラシリーズには、上述のキングジョー以外にも、チブル星人沖縄方言で「頭」を意味する)やジラース(沖縄方言で「次郎叔父さん」を意味する[4])など、沖縄県を想起させるキャラクターが登場する。このため、金城の創作は、神ともされるまれびとが背景になっている、と指摘されることもある。

『ウルトラマン』の伝説怪獣ウーの雪んこに扱われている差別と迫害は沖縄出身の金城の沖縄と本土人との関係が指摘されている[8]ほか、侵略を受けた被征服民の悲哀をモチーフとした「ノンマルトの使者」などの作品から、アメリカ統治下時代の沖縄県で育った作者のアイデンティティーと考察する評論やスタッフからの評価も見られる。しかし一方で上原正三は沖縄戦の体験がない上原に比べ、実際に体験した金城は母親が足を切断するなどの苦難に見舞われていたのにもかかわらず、戦争について語ることはなかったと述べ[9]、「傷が深ければ深いほどそんなに簡単に出すわけがない」とも語っている。また満田かずほも「彼から沖縄や米軍の問題などは聞いたことがない」と語っており、上原をはじめとした円谷プロ時代の金城を知るスタッフの幾人かからは円谷プロ時代の金城に関する沖縄出身云々といった考察については否定的な見解が示されている[10]

テレビドラマでの最後の脚本作品となった『帰ってきたウルトラマン』第11話「毒ガス怪獣出現」について漫画家・小林よしのりは自身の漫画『沖縄論』の中で、「本エピソードは、明らかに他の『帰マン』の話に比べて浮いていた。金城氏の怒りが伝わってくるようだった」と述べている。

円谷プロは現在も金城の貢献を高く評価しており、2016年には「ウルトラシリーズ」放送開始50年を記念して、テレビ向けの企画・脚本を公募する「円谷プロダクションクリエイティブアワード 金城哲夫賞」を創設した。本賞は未来のクリエイターの発掘・育成を目的としている[11]

主な作品[編集]

脚本[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • 江戸上り異聞〜里之子抹殺(1975年)[注釈 5]

未使用脚本・シノプシス[編集]

  • WOO
    • 宇宙人来訪す
    • 富士五湖騒動(原案、脚本)
    • 魔線(原案)
  • UNBALANCE
    • 女王蜂の恐怖
    • 魔の一夜
    • 宇宙新婚旅行
  • ウルトラQ
    • ゴロー対スペースモンスター
    • 火星のバラ
    • ガラダマの谷
  • ウルトラセブン
    • 人間泥棒
  • 怪奇大作戦
    • フランケン1968
    • 海王奇談
  • ゴジラ・レッドムーン・エラブス・ハーフン 怪獣番外地(映画)

監督、脚本、制作[編集]

小説[編集]

  • 怪獣絵物語ウルトラマン(1967年、ノーベル書房、『怪獣大全集』第3巻)

作詞[編集]

  • 恐怖の町(1968年)
  • 暗闇のバラード(1968年)
※『怪奇大作戦』主題歌・挿入歌

沖縄芝居[編集]

  • 佐敷の暴れん坊(1970年、脚本・演出)
  • 一人豊見城(1971年、脚本・演出)
  • 泊気質ハーリー異聞(1972年、脚本・演出)
  • 風雲!琉球処分前夜(1972年、脚本・演出)
  • 虎!北へ走る(1974年、脚本・演出)
  • 王女(うみないび)の恋(1975年、脚本)

幻の一本の企画書「超人X(仮)」[編集]

「怪奇大作戦 パーフェクトコレクション」の封入のブックレットに記載されたものから。金城が円谷プロダクションから退社する前、最後に書き残した企画書が「超人X(仮)」であった。非円谷プロ作品である『巨人の星』と円谷プロ作品である『ウルトラセブン』と『怪奇大作戦』の3作品をミックスした、より高度な線を狙ったものだったが没になった。

演じた俳優・声優[編集]

出演[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 金城は第7話以降、脚本を執筆していない。
  2. ^ 金城の父が経営するすき焼き店「松風苑」の敷地内[2]。現在は資料館となっている。
  3. ^ 「出先から帰宅した際に仕事場の玄関扉が施錠されていたが、母屋に鍵を取りに戻るのが面倒で、たまたま開いていた窓から入ろうとして転落したもの」と推定されている[誰によって?]
  4. ^ 他のライターは「ウルトラマンと怪獣の戦い〜以下特撮スタッフでよろしく」程度の記述で済ませてしまう場合がほとんどだったが、金城は戦闘シーンをきわめて詳細に叙述していた。
  5. ^ 琉球放送ラジオ。2014年9月1日にRBCiラジオスペシャルで再放送が行われた。
  6. ^ a b c 1990年代に友寄視聴覚教材社よりVHSビデオソフトが商品化されている。現在は『金城哲夫 西へ!』(2005年5月27日発売、ハピネット・ピクチャーズ)に一部映像収録
  7. ^ 盟友の上原正三による唯一の脚本回。なお、田口成光の脚本による第26話では、シリーズ後半へのキーパーソンとして「キンジョウテツオ」という沖縄の少年が登場している。
  8. ^ 金城は同番組アシスタントの真理アンヌの以前からのファンで、『ウルトラマン』『ウルトラセブン』へのゲスト起用や『セブン』のヒロイン・友里アンヌの由来も真理からと言われている。
  9. ^ 1998年9月13日放送分[出典無効]

出典[編集]

  1. ^ 山田輝子「第一章 沖縄からきた少年」『ウルトラマンを創った男 金城哲夫の生涯朝日新聞社朝日文庫〉、1997年、24頁。ISBN 4-02-261208-8。
  2. ^ a b c d 大図典 1991, pp. 162-163, 「ウルトラマンの名プランナー金城哲夫」
  3. ^ ウルトラマンの生みの親の一人、金城哲夫と玉川学園”. 玉川学園. 2018年8月16日閲覧。
  4. ^ a b c d e 大図典 1991, pp. 164-165, 満田かずほ「ウルトラマン 私と金城哲夫」
  5. ^ a b c d e マガジン2020 2020, p. 60, 「ウルトラ雑学2 円谷プロダクション Who's Who?」
  6. ^ a b 金城哲夫年表”. 南風原町観光協会. 2020年12月3日閲覧。
  7. ^ 怪獣学入門 1992, p. 64
  8. ^ DVD.「金城哲夫西へ!」
  9. ^ 怪獣学入門 1992, p. 74
  10. ^ 怪獣学入門 1992, p. 66
  11. ^ “ウルトラマンシリーズのメインライター・金城哲夫賞創設記念イベントに中島かずき”. ステージナタリー. (2016年10月27日). http://natalie.mu/stage/news/207100 2016年10月28日閲覧。 
  12. ^ 光の国から僕らのために―金城哲夫伝― - ウェイバックマシン(2016年1月12日アーカイブ分)

参考文献[編集]

  • 『ウルトラマン誕生25周年記念 特別編集 ウルトラマン大図典』責任編集・監修 円谷プロダクション講談社、1991年9月10日。ISBN 4-06-322501-1。
  • 『別冊宝島「映画宝島」Vol.2 怪獣学・入門!』、JICC出版局、1992年、 OCLC 37241503
  • 上原正三『金城哲夫 ウルトラマン島唄』(筑摩書房、1999年) ISBN 4-480-88507-2
  • 上原正三「私の思い出・戦争・金城哲夫・ウルトラマン」、『うらそえ文芸』第8号、浦添市文化協会文芸部会、2003年5月。
  • 志賀泉「ウルトラマンの故郷はニライカナイ」、『ひらら』創刊号(特集=沖縄という磁場)、パシュラル出版社、2003年8月。
  • 『テレビマガジン特別編集 ウルトラ特撮マガジン 2020』講談社〈講談社MOOK〉、2020年8月31日。ISBN 978-4-06-520743-7。