金子郁容

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

金子 郁容(かねこ いくよう、1948年11月22日[1] - )は、日本工学者Ph.D.)。明治大学経営学部特任講師、慶應義塾大学名誉教授。専門は情報組織論、ネットワーク論。教育改革国民会議の委員として、我が国[どこ?]におけるコミュニティ・スクールを提唱したことで教育界に広く知られる。

来歴[編集]

東京都出身。

政策形成とソーシャルイノベーションプログラム所属。ネットワークコミュニティゼミ主催。

日本テレビ「バンキシャ」のコメンテーター、長野県教育委員、慶應義塾幼稚舎舎長(校長)、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科委員長(2007年10月 - 2009年10月)を歴任。

松岡正剛と親しく、松岡が主催するイベントなどにゲスト参加する事が多い。

門下生に遠藤久夫国立社会保障・人口問題研究所長)[2]宮垣元(慶應義塾大学教授)、大上慎吾(一橋大学准教授)[3]、北山聡(東京経済大学准教授)、宮川祥子(慶應義塾大学准教授)、池田信夫上武大学特任教授)、橋本岳衆議院議員)などがいる。

学歴[編集]

職歴[編集]

著作[編集]

  • 『ネットワーク時代の企業 LANを超えて』日本経済新聞社、1985.4
  • 『ネットワーキングへの招待』中公新書、1986.8
  • 『空飛ぶフランスパン』筑摩書房、1989.5
  • 『<不確実性と情報>入門』岩波セミナーブックス、1990.6
  • 『ボランティア もうひとつの情報社会』岩波新書、1992.7
  • 『企業の社会貢献活動とは』岩波ブックレット、1993.3
  • 『コミュニティ・ソリューション ボランタリーな問題解決にむけて』岩波書店、1999.5
  • 『日本で「一番いい」学校 地域連携のイノベーション』 岩波書店 2008.10

共編著[編集]

  • 『ネットワーク組織論』(今井賢一 (経営学者)と共著)岩波書店、1988.1
  • 『「つながり」の大研究 電子ネットワーカーたちの阪神淡路大震災』 VCOM編集チーム共編著 日本放送出版協会 1996.7
  • 『電縁交響主義 ネットワークコミュニティの出現』NTT出版、1997
  • 『ボランタリー経済の誕生 自発する経済とコミュニティ』(松岡正剛下河辺淳と共著)実業之日本社、1998
  • 『弱さ』(中村雄二郎と共著)岩波書店、1999
  • 『コミュニティ・スクール構想 学校を変革するために』(渋谷恭子、鈴木寛と共著)岩波書店、2000
  • 『eデモクラシーへの挑戦』藤沢市市民電子会議室運営委員会共著、岩波書店、2004
  • 『学校評価 情報共有のデザインとツール』ちくま新書玉村雅敏、久保裕也、木幡敬史と共著)、2005
  • 『コミュニティ科学 技術と社会のイノベーション』 玉村雅敏,宮垣元共編著 勁草書房 2009.11
  • 『コミュニティのちから “遠慮がちな”ソーシャル・キャピタルの発見』今村晴彦,園田紫乃共編著 慶應義塾大学出版会 2010
  • 『社会イノベータへの招待 「変化をつくる」人になる』國領二郎, 厳網林共編 慶應義塾大学出版会 2010

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.402
  2. ^ 「1988年度博士課程単位修得論文・修士論文題目」一橋研究
  3. ^ 「1988年度博士課程単位修得論文・修士論文題目」一橋研究