金守世士夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金守世士夫
生誕 1922年1月24日
富山県高岡市
死没 (2016-12-09) 2016年12月9日(94歳没)
富山県富山市
国籍 日本の旗 日本
著名な実績 木版画

金守 世士夫(かなもり よしお、1922年大正11年)1月24日[1] - 2016年平成28年)12月9日[2])は、日本の版画家。版画芸術院代表、国画会会員審査員。

経歴[編集]

富山県高岡市に生まれる。帝国美術学校(現・武蔵野美術大学)卒業。戦後、疎開中の棟方志功に師事し、木版画を制作する。1947年国画会に初出品。1952年同会賞を受賞。1958年、ニューヨーク・セントジェムス現代版画展で受賞。1970年刊の「湖山」など数多くの木版画集を手がける。1980年、富山市文化功労賞。1992年、勲五等瑞宝章受章。2016年、死去。

作品[編集]

  • 「湖山」シリーズ[3] [4]
  • 「陽炎・幻魚」

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]