金容雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

金 容雲(キム・ヨンウン 1927年 - )は、東京出身の韓国人数学者。漢陽大学校名誉教授。

概要[編集]

数学史が専門であるが、日韓の歴史・文化に関する著作が多い。日本語は百済語の傍流であるとするなど、日本の文化はすべて古代朝鮮が起源であるとの考えを持つ。

学歴[編集]

職歴[編集]

  • 漢陽大学校名誉教授

学外の役職[編集]

著書[編集]

  • 金容雲『韓国人と日本人』サイマル出版会、1983年。ISBN 4-377-30604-9。
  • 金容雲『醜い日本人―「嫌韓」対「反日」をこえて』三一書房、1994年。ISBN 9784380940224。
  • 金容雲『倭の大王は百済語で話す』三五館、2009年8月。ISBN 9784883204762。

関連項目[編集]