金恩済

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
金恩済
生誕 1906年7月15日
Flag of Korea (1882-1910).svg 大韓帝国平安北道定州郡
死没 (1936-10-23) 1936年10月23日(30歳没)
中華民国の旗 中華民国陝西省西安
所属組織 中華民国空軍
最終階級 中尉
テンプレートを表示

金 恩済(金恩濟、キム・ウンジェ、김은제)は、中華民国空軍軍人。別名は金殷濟[1]

生涯[編集]

中央陸軍軍官学校第6期騎兵科に入学。学生第1総隊騎兵隊騎兵第2連配属[2]。1929年5月、卒業。1931年3月、中央航空学校第1期偵察員訓練班卒業[3]。中央航空隊に服務。周至柔の電報によれば、1934年8月の時点で同じ朝鮮出身の崔滄石張聖哲金震一らと中央航空学校に在任していた[4]。1935年9月7日、空軍中尉[5]。後に空軍第6大隊第3隊中尉隊員[6]。1936年10月、飛行中に乗機の故障により墜落して死亡。

出典[編集]

  1. ^ 大韩民国驻广州总领事馆向我馆转交历史资料” (中国語). 中国广州网. 2017年1月17日閲覧。
  2. ^ 中国黄埔軍校網. “黄埔本校和南京本校第六期騎兵隊騎兵第二連学員姓名籍貫表” (中国語). 2017年1月28日閲覧。
  3. ^ 中国黄埔軍校網. “中央航空学校第一期学員名録” (中国語). 2017年1月28日閲覧。
  4. ^ 一般資料—民國二十三年 (三十二)” (中国語). 典蔵台湾. 2017年1月28日閲覧。
  5. ^ 国民政府令 1840号 (PDF)” (中国語). 中華民国政府官職資料庫. 2017年1月28日閲覧。
  6. ^ 葉泉宏 (2010),黄埔軍校与韓国独立運動 (PDF)