金慶珠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金慶珠
各種表記
ハングル 김경주
漢字 金慶珠
発音: キム・キョンジュ
ローマ字 Gim Gyeong-ju(2000年式
Kim Kyŏngchu(MR式
英語表記: Kim Gyeongju
テンプレートを表示

金 慶珠(キム・キョンジュ、: 김경주、1967年 - )は、大韓民国 ソウル特別市出身[1]言語学者東海大学教養学部国際学科教授[2]。専門は、社会言語学メディア論朝鮮半島の文化と社会に関する研究。芸能事務所ホリプロ所属。学位は博士(学術)

人物[編集]

ソウル特別市生まれの韓国人だが、幼少期を兵庫県芦屋市で過ごすなど(父親の仕事の都合で小学生時代に4年間、西宮に住んでいた)日韓両国に長い在住経験を持つ。 日韓両国語の母語話者ネイティブスピーカー。

地上波テレビ番組への出演や韓国の新聞・ラジオにも寄稿や出演を行っている。韓国では保守派の論客として出演しているが、日本で日韓問題を論じる番組に出演する際には、金は韓国のナショナリズム側に立つ主張をするため、日本のナショナリストと対峙させるための左派論客として扱われることが多い[要出典]

青山繁晴が自身のブログで、金が二人が同時に出演する予定だったサンデースクランブルで、青山の出演をキャンセルする原因を作ったと主張しているが真偽は不明[3][4]

主張[編集]

  • 従軍慰安婦問題については、軍の関与も強制性も、河野談話という日本政府の公式見解で認めているのだから、韓国の主張の方が正当性があるとしている[5]
  • 竹島問題については、領土問題は実効支配している方が強いため、韓国の主張の方が正当性があるとしている[5]
  • 日本における嫌韓の高まりは、日本と中国の力関係の逆転により、日本人の排外主義の対象が、中国から弱い韓国に矛先が変更されたためと分析している[6]

略歴[編集]

  • 梨花女子大学校社会学科卒業。
  • 韓国外国語大学校大学院修士課程修了。
  • 東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了。
  • 2002年4月に東海大学外国語教育センター専任講師就任[7]。2007年4月に東海大学総合教育センター准教授、2009年から東海大学教養学部国際学科准教授。2016年に同教授に昇格。
  • 2005年6月に東京大学に博士論文「場面描写談話における話者の視点、日韓両言語の表現構造とその中間言語への影響について」を提出し博士(学術)の学位を取得。同年、韓国仏教文化財団より韓日仏教文化学術賞を受賞。
  • その他、日本の国際交流基金の日韓文化交流懇談会委員。
  • 2006年4月より2012年3月まで6年間、朝日ニュースターニュースの深層』月曜日のキャスターを務めた。

著作[編集]

東海大学
  • 東海大学 『談話構成における話者の「視点」』、2004-2005。 - 文部科学省科学研究費補助金研究成果報告書。
  • 「日韓のメディア言説における視点」『日韓の共通認識 日本は韓国にとって何なのか?』 李元徳 共編著、東海大学文明研究所 監修、東海大学出版会、2007年8月5日。ISBN 978-4-486-01761-5。 - 文献あり。
  • 「メディアリテラシー」『国際学のすすめ グローバル時代を生きる人のために』 東海大学教養学部国際学科 編、東海大学出版会、2013年10月20日、第4版。ISBN 978-4-486-02008-0。 - 索引あり。
単著
  • 『場面描写と視点 日韓両言語の談話構成とその習得』 東海大学出版会、2008年2月20日。ISBN 978-4-486-01786-8。 - 文献あり。
  • 『歪みの国・韓国』 祥伝社〈祥伝社新書 320〉、2013年5月31日。ISBN 978-4-396-11320-9。
  • 『日本が誤解される理由』 東浩紀との対談を巻末に収録、イースト・プレス〈イースト新書 018〉、2013年12月8日。ISBN 978-4-7816-5018-0。
  • 『嫌韓の論法』 (ベスト新書) (KKベストセラーズ、2014年10月9日) ISBN 978-4584124468
  • 『恨の国・韓国』 (祥伝社新書) (祥伝社、2015年5月1日) ISBN 978-4396114060
共著
  • 井上和彦 共著 『悪韓論vs悪日論 日本と韓国はどちらが嘘をついているのか』 双葉社〈双葉新書 077〉、2014年1月17日。ISBN 978-4-575-15427-6。
  • 香山リカ 共著 『叩かれ女の正論』 (イースト新書) (イースト・プレス、2015年8月9日) ISBN 978-4781650562

出演[編集]

テレビ
ラジオ

脚注[編集]

  1. ^ 金慶珠”. 株式会社ホリプロ. 2019年1月22日閲覧。
  2. ^ “金慶珠(キム・キョンジュ)准教授が国際学科に着任しました。”. 東海大学教養学部. (2009年4月9日). http://www.shc.u-tokai.ac.jp/about/gakka/kokusai/news/090409_01.html 2013年1月29日閲覧。 
  3. ^ “「韓国人女性教授の忌避により」青山繁晴氏がテレ朝『サンデースクランブル』の出演をキャンセルされる!?”. ガジェット通信. (2014年5月6日). http://getnews.jp/archives/571244 2014年5月18日閲覧。 
  4. ^ “テレ朝番組で金慶珠東海大准教授が共演拒否? 青山繁晴氏がブログで明かし物議醸す”. J-CASTニュース (ジェイ・キャスト). (2014年5月7日). http://www.j-cast.com/2014/05/07204092.html?p=all 2014年5月22日閲覧。 
  5. ^ a b “民団福島県本部主催 「日韓の友好と未来」テーマに講演・対談 慰安婦・領土・仏像・補償・靖国 5つの問題「2勝2敗1分」”. 統一日報. (2013年11月27日). http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=74276&thread=04 2014年5月22日閲覧。 
  6. ^ “金慶珠vs周来友「“反日ブーム”に沸く中・韓の本音”. 日刊SPA!. (2014年6月4日). http://nikkan-spa.jp/653969 2014年7月26日閲覧。 
  7. ^ “東海大学外国語教育センターにおけるコリア語教育の歴史”. 東海大学国際教育センター. http://www.flc.u-tokai.ac.jp/korean/history.html 2013年1月29日閲覧。 
  8. ^ “チマタの噺公式サイト バックナンバー 2015年1月13日放送”. テレビ東京. (2015年1月13日). http://www.tv-tokyo.co.jp/chimata/backnumber/?trgt=150113 2015年3月26日閲覧。 
  9. ^ “チマタの噺公式サイト バックナンバー 2015年3月24日放送”. テレビ東京. (2015年3月24日). http://www.tv-tokyo.co.jp/chimata/backnumber/?trgt=150113 2015年3月26日閲覧。 
  10. ^ http://www.oricon.co.jp/news/2069164/full/. オリコンスタイル. (2016年3月26日). 2016年4月3日閲覧。