金成汗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
金 成汗 Football pictogram.svg
名前
本名 金 成汗
カタカナ キム ソンガン
ラテン文字 KIM Sung-Gan
基本情報
生年月日 1912年11月17日
出身地 平壌
没年月日 (1984-05-29) 1984年5月29日(71歳没)
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1935-1940 全京城蹴球団英語版
代表歴
1939-1940 日本の旗 日本 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

金 成汗(キム・ソンガン、朝鮮語: 김성간1912年11月17日 - 1984年5月29日)は、サッカー選手、サッカー指導者。第二次世界大戦前は日本代表選手、戦後は韓国代表のコーチなどを務めた。

経歴[編集]

崇実中学、崇実専門延喜専門などに所属。卒業後は全京城蹴球団英語版などでプレーして、1935年6月に開催された全日本蹴球選手権大會(第15回天皇杯全日本サッカー選手権大会)のチームの優勝に貢献した。

1939年8月の関東州代表戦で日本代表として初出場[1]し、翌1940年まで日本代表として5試合に出場した。なお、国際Aマッチに該当するのは1940年6月16日フィリピン代表戦の1試合である。

1946年に現役を引退した後は韓国代表のスタッフなどを歴任し、優勝した1956年アジアカップではコーチを務めた[2]

その後、アメリカ合衆国に移住したが、1984年に交通事故で死去した。

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ:1試合0得点(1940)


日本代表国際Aマッチ その他期間通算
出場得点 出場得点出場得点
1939 0 0 3 0 3 0
1940 1 0 1 1 2 1
通算 1 0 4 1 5 1

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国際親善試合”. 日本サッカー協会. 2016年8月16日閲覧。
  2. ^ "역대대표팀감독명단" 대한축구협회(大韓サッカー協会). - 歴代韓国代表監督一覧
  • "한국축구의 창조와 계승자들 (13) 김성간" - スポーツソウル局長이의재による金成汗の伝記
1234