金敏ヒョク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「金敏爀」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
金敏爀 Football pictogram.svg
名前
カタカナ キム・ミンヒョク
ラテン文字 KIM Min Hyeok
ハングル 김민혁
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1992-02-27) 1992年2月27日(26歳)
出身地 ソウル特別市
身長 187cm
体重 73kg
選手情報
在籍チーム 大韓民国の旗 全北現代モータース
ポジション DF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2014-2018 日本の旗 サガン鳥栖 145 (3)
2019- 大韓民国の旗 全北現代モータース
代表歴2
2014- 大韓民国の旗 韓国 1 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月2日現在。
2. 2014年12月5日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

金敏爀(キム・ミンヒョク、キム・ミニョク、김민혁、1992年2月27日 - )は、韓国出身で、Kリーグ全北現代モータース所属のプロサッカー選手韓国代表。ポジションはディフェンダー

来歴[編集]

高校在学時の2008年KFAが主導で行っている優秀選手海外留学プログラムの第6期生として孫興民、キム・ジョンピルと共にハンブルガーSVに練習生として参加。韓国大学選手権では優勝に貢献し、MVPにも選出された。

2014年12月、韓国代表AFCアジアカップ2015のトレーニングキャンプメンバーに招集され、韓国代表に初招集された。

2015年4月3日、J1第4節・鹿島アントラーズ戦にて金崎夢生に対するホールディングで警告を受けた際、転倒した金崎の顔面を左足スパイクで踏みつけて警告を受けた。この判定に対して鹿島側は、故意に踏みつけたような映像が残っており、目に当たれば失明の可能性もあったとして規律委員会に処分の申し立てを行った[1]。申請を基に、規律委員会は映像を用いて踏みつけ行為を確認・検証、審判員、マッチコミッショナー、および本人にも事実関係を確認し、競技および競技会における懲罰基準に照らして審議した結果「選手等に対する暴行・脅迫および一般大衆に対する挑発行為」に該当し、試合中に審判員が確認できなかった「極めて悪質な行為」と判断、同月7日に公式戦4試合(J1リーグ2試合、ナビスコ2試合)の出場停止処分が下された[2]

所属クラブ[編集]

ユース経歴

プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2014 鳥栖 2 J1 27 0 1 0 2 0 30 0
2015 5 25 0 4 1 3 0 32 1
2016 33 0 3 0 2 0 38 0
2017 33 3 3 0 2 0 38 3
2018 27 0 6 0 3 0 36 0
通算 日本 J1 145 3 17 1 12 0 174 4
総通算 145 3 17 1 12 0 174 4

代表・選抜歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]