金星 (エンジン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

金星(きんせい)は、第二次世界大戦期に三菱重工業が名古屋航空機製作所発動機部門の深尾淳二技師を中心に開発・製造した航空機用空冷星型エンジンである。 社内呼称はA8(AはAIR COOLINGの意味)。海軍金星として採用され、海軍の主力エンジンとして多くの海軍機に搭載された。金星は海軍のエンジンであったため、初期においては陸軍機に搭載されることは無かったが、第二次大戦後期には陸軍にもハ112として採用され、陸軍機にも搭載されることとなった。大戦後半の陸海軍統合名称はハ33

開発経緯[編集]

A8の開発以前、三菱では主としてライセンスを取得したイスパノ・スイザ系の水冷エンジンおよびそれを搭載した航空機を製造していた。しかし高馬力化が進むに連れて手に余るようになっており、最終となる650馬力型では破損や故障を頻発させ、搭載機共々実用に耐えずと酷評されることとなってしまう。改良を続ける一方でユンカース社のライセンスによるエンジンを製造するが、こちらもトラブル続きで物にできず水冷エンジンは行き詰まりとなっていた。

一方で、1931年(昭和6年)中島に先駆けて離昇800馬力を狙った先進的な空冷星型14気筒エンジン、A4(七試発動機、後の金星一型および二型)の試作機が完成し、九三式陸攻七試艦上戦闘機に搭載されたたものの、各部の破損が続出する有様で、この時期の三菱のエンジン部門は水冷、空冷ともに不振を究めていた。


そんな中、船舶部門より異動した深尾淳二発動機部機械課長は、水冷と空冷の得失を明示した上で三菱の今後のエンジンの主力を空冷と定めA4の改良に乗り出した。三菱は1934年昭和9年)P&W R-1690 ホーネットの製造権を購入し「明星」として生産しており、これを参考にしたことから以降の三菱のエンジンは、P&Wの影響を受けたものとなる。

A4はカムとプッシュロッドを気筒後方にまとめて配置し、排気バルブがエンジン前方へ開口する機構を取っていた。冷却効率を上げるためとして採用された構造だったが、逆に冷却不足を招き構造上の弱点となっていた。この構造はカム装置を入れ替えてエンジン後方へ排気する形式に変更している。更に、各国のメーカーのエンジンを参考とし改良を行った。

これら機構を一新したA8は1935年(昭和10年)12月の設計開始からわずか三ヶ月後の1936年(昭和11年)3月に試作機が完成し、テストが行われた。陸海軍の要求によりA6、A7を開発中であるにも関わらず進められたA8の開発は軍の意向を半ば無視した形となり、海軍も当初は乗り気ではなかったという。しかし、テストの結果信頼性が大幅に向上していることを認め、金星三型として制式採用となった。

この三型の開発とほぼ並行して高馬力化に向けた改良も進められていた。すなわち、高馬力に対応する強度を持たせるためにマスターロッドを一体とし、センターベアリングを設けてクランクシャフトを組立式に、減速装置を傘歯歯車からプラネタリーギアにしたA8Cで、1937年(昭和12年)に金星四〇型として制式採用となっている。これが三菱では最初の1,000馬力級の発動機となった。

その後五〇型、六〇型と出力が強化され、シリーズ総計で15,124台生産された。

また、金星と部品の多くを共通とし、ショートストローク化することで小型化した瑞星、機構を踏襲した上でボア・ストロークを拡大した火星、18気筒化したハ43が開発されるなど、その後開発される三菱空冷星形エンジンの基礎となっている。

特徴[編集]

金星のボア・ストロークはA4と変わらず150mm×160mmである。この寸法は、それ以前に三菱が手掛けていたイスパノ300/450馬力発動機と同じ寸法を採用している。ボア・ストロークはエンジンの燃焼状態に影響が大きいことから、長く実績を積んだ寸法を採用した(同様に火星のボア・ストロークはイスパノ650馬力発動機と同寸法を採用している)。こうした手堅い設計により、金星は同時期の中島製エンジンよりも信頼性が高かったという評価もある。

吸排気のバルブを動かすプッシュロッドはエンジン前方にまとめて配置され、前列後列ともカムを共用している。このプッシュロッド配置が、中島製空冷星形エンジンとの、外観上の顕著な相違となっている。当初は利点ありとして採用された前方集中配置であるが、前後列でプッシュロッドの長さ、角度が変わることで、高回転時に悪影響があったともされる。更に18気筒になると後列気筒へのプッシュロッド配置が相当に窮屈となり冷却や整備に悪影響があることから、ハ43では前後気筒のカムとプッシュロッドをそれぞれ別に設ける形に変更されている(三菱でハ43に先駆けて開発された18気筒エンジン、ハ42は前方集中式で完成しているが、改良型のハ42ルの開発に当たっては設計をやり直しプッシュロッドは前後振り分けに変更されている)。


  • 1型 1930年試作
  • 2型 
  • 3型 1936年試作 公称730馬力
  • 4x型 1936年試作 公称990馬力
  • 5x型 1940年試作 公称1,200馬力 1段1速過給機から1段2速過給機へ変更
  • 6x型 1941年試作 公称1,350馬力 燃料供給方法をキャブレター式から直接噴射式へ変更、水メタノール噴射装置追加

搭載機[編集]

主要諸元[編集]

※使用単位についてはWikipedia:ウィキプロジェクト 航空/物理単位も参照

金星44型[編集]

  • タイプ:空冷複列星型14気筒
  • ボア×ストローク:140mm×150mm
  • 排気量:32.34L
  • 全長:1,646mm
  • 直径:1,218mm
  • 乾燥重量:560 kg
  • 燃料:気化器式
  • 過給機:遠心式軸駆動式過給器1段1速
  • 離昇出力 
    • 1,060HP/2,550RPM
  • 公称出力 
    • 1,080HP/2,500RPM(高度2,000m)

金星51型[編集]

  • 全長:1,660mm
  • 直径:1,218mm
  • 乾燥重量:642 kg
  • 燃料:気化器式
  • 過給機:遠心式軸駆動式過給器1段2速
  • 離昇出力 
    • 1,300HP/2,600RPM
  • 公称出力 
    • 一速全開 1,200HP/2,500RPM(高度3,000m)
    • 二速全開 1,100HP/2,500RPM(高度6,200m)

金星62型 (ハ112-II)[編集]

  • 乾燥重量:675 kg
  • 燃料:直接噴射式
  • 過給機:遠心式軸駆動式過給器1段2速 (陸軍名称:ハ112-IIルは排気ガス駆動式過給器
  • その他:水メタノール噴射装置
  • 離昇出力 
    • 1,560HP/2,600RPM
  • 公称出力 
    • 一速全開 1,350HP/2,600RPM(高度2,000m)
    • 二速全開 1,250HP/2,600RPM(高度5,800m)

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 松岡久光 『三菱航空エンジン史』 三樹書房、2005年9月