金東チョル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「金東喆」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
金 東喆
Kim Dong-Cheol
SKホークス
ポジション CB
所属リーグ 大韓民国の旗 SKハンドボール韓国リーグ
基本情報
大韓民国の旗 韓国
生年月日 (1989-07-08) 1989年7月8日(29歳)
身長・体重 176 cm
83 kg
利き腕
出身 三陟高等学校
慶熙大学校
所属クラブ
クラブ
2012-2015 大韓民国の旗 忠清南道体育会
2015-2016 大韓民国の旗 国軍体育部隊
2017-2019 日本の旗 トヨタ紡織九州
2019- 大韓民国の旗 SKホークス
代表国
2012-  韓国
受賞歴
大韓民国の旗 SKハンドボール韓国リーグ
  • ベストセブン:2016年
日本の旗 日本ハンドボールリーグ
  • 最優秀選手賞:2018年
  • ベストセブン賞:2017年・2018年
  • 得点王:2017年・2018年
  • フィールド得点賞:2018年
  • 7mスロー得点賞:2018年
  • テンプレートを表示

    金 東喆(キム・ドンチョル、: Kim Dong-Cheol1989年7月8日 - )は、韓国出身のハンドボール選手。ハンドボール韓国リーグのSKホークス所属。

    経歴[編集]

    2012年SKハンドボール韓国リーグの忠清南道体育会へ加入[1]

    2015年から兵役義務のため、大韓民国国軍体育部隊のハンドボール部へ移籍。2016年のベストセブンを受賞[1]

    2017年2月に日本ハンドボールリーグトヨタ紡織九州へ加入[2]。2016-17年シーズン最終戦・2017年2月25日のトヨタ自動車東日本戦で初出場し、1得点を挙げた[3]

    2017-18年シーズンはリーグ歴代最多の159得点を挙げ、得点王のタイトルを獲得し[4]、ベストセブン賞を受賞した[5]

    2018-19年シーズンは自身の持つリーグ最高得点を大きく上回る211得点を記録し、得点王・フィールド得点賞(159得点)・7mスロー得点賞(52得点)のタイトルを獲得。最優秀選手賞とベストセブン賞を受賞した[6]

    2019年3月に韓国リーグのSKホークスへ移籍することが発表された[7]

    詳細情報[編集]

    年度別成績[編集]

    チーム 試合 フィールド
    得点
    7m 合計 警告 退場 失格
    2016-17 トヨタ紡織九州 1 1/5 .200 0/0 1/5 0 0 0
    2017-18 24 130/233 .558 29/35 159/268 2 6 1
    2018-19 24 159/260 .612 52/65 211/325 6 5 0
    JHL:3年 49 290/498 .582 81/100 371/598 8 11 1
    • 各年度の太字はリーグ最高、赤太字はJHLにおける歴代最高

    タイトル・表彰[編集]

    大韓民国の旗 SKハンドボール韓国リーグ[編集]

    • ベストセブン:1回 (2016年)

    日本の旗 日本ハンドボールリーグ[編集]

    • 最優秀選手賞:1回 (2018年)
    • ベストセブン賞:2回 (2017年・2018年)
    • 得点王:2回 (2017年・2018年)
    • フィールド得点賞:1回 (2018年)
    • 7mスロー得点賞:1回 (2018年)

    背番号[編集]

    • 23 (2017年 - 2019年)

    脚注[編集]

    [ヘルプ]