金栄桂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
金栄桂
Jin Ronggui.jpg
『大満洲帝国名鑑』(1934年)
プロフィール
出生: 1876年光緒2年)
死去: 不詳
出身地: 清の旗 盛京将軍管轄区奉天府蓋平県
職業: 政治家
各種表記
繁体字 金榮桂
簡体字 金荣桂
拼音 Jīn Róngguī
和名表記: きん えいけい
発音転記: ジン ロングイ
ラテン字 Chin Jung-kui
テンプレートを表示

金 栄桂(きん えいけい)は中華民国満州国の政治家。伯衡

事績[編集]

1908年光緒34年)より山東省で地方官吏となる。1911年宣統3年)1月、臨邑県知事となった。中華民国成立後も引き続きその地位にある。1913年民国2年)10月、山東省徳県知事に異動する。1918年(民国7年)2月、済寧県知事となった。翌年7月、済南警察庁庁長兼理膠済路警察事宜に昇進している。1920年(民国9年)1月、済南市政庁総弁に任命された。

1921年(民国10年)、吉林省に転じ、同省省長公署参議となった。同年5月、吉林全省保衛団督弁処処長となる。1925年(民国14年)3月、東省特別区警察総管理処処長に任ぜられた。1930年(民国19年)、東省鉄路督弁公署参賛となる。

満州事変(九・一八事変)後、金栄桂は満州国建国に参加する。1932年(民国21年/大同元年)初めに、東省特別区警察管理処処長に任ぜられる。同年3月、正式に満州国が成立すると、いったん中東鉄路理事会理事に異動する。9月、再び東省特別区警察管理処処長に戻った。翌年3月、ハルビン特別市警察庁庁長となる。1936年康徳3年)12月、首都警察庁総監に任ぜられた。翌年7月、奉天市市長に昇進している。1938年(康徳5年)7月、奉天省省長となった。1942年(康徳9年)9月まで、その地位にあった。

以後、金栄桂の行方は不詳である。

参考文献[編集]

  • 来新夏ほか 『北洋軍閥史 下冊』 南開大学出版社、2000年。ISBN 7-310-01517-7。
  • 徐友春主編 『民国人物大辞典 増訂版』 河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1。
  • 劉寿林ほか編 『民国職官年表』 中華書局1995年。ISBN 7-101-01320-1。
 Flag of Manchukuo.svg 満州国
先代:
葆康
奉天省長
1938年7月 - 1942年9月
次代:
徐紹卿