金沢大学環日本海域環境研究センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

金沢大学環日本海域環境研究センター(かなざわだいがくかんにほんかいいきかんきょうけんきゅうセンター、英称:The Institute of Nature and Environmental Technology, Kanazawa University、略称:K-INET)は、石川県に所在する金沢大学の研究施設(共同利用・共同研究拠点)。旧称は自然計測応用研究センター

文部科学省が採択した21世紀COEプログラム「環日本海域の環境計測と長期・短期変動予測 (モニタリングネットワークの構築と人為的影響の評価)」の研究においては、中核的な研究拠点として機能している。

組織[編集]

  • 領域部門
    • 研究領域
      • 大気環境領域
      • 海洋環境領域
      • 陸域環境領域
      • 統合環境領域
    • 実験・実習施設
      • 低レベル放射能実験施設
      • 尾小屋地下測定施設
      • 臨海実験施設
      • 植物園
  • 連携部門

沿革[編集]

  • 1949年(昭和24年)5月 理学部附属植物園設立。
  • 1958年(昭和33年)4月 理学部附属能登臨海実験所設立。
  • 1975年(昭和50年)4月 理学部附属低レベル放射能実験施設設立。
  • 1982年(昭和57年)4月 工学部附属電気エネルギー変換実験施設設立。
  • 1992年(平成4年)4月 工学部附属電磁場制御実験施設設立。
  • 1993年(平成5年)4月 理学部附属能登臨海実験所を理学部附属臨海実験所と名称変更。
  • 1995年(平成7年)6月 理学部附属植物園を角間キャンパスに移転。
  • 2002年(平成14年)4月 金沢大学自然計測応用研究センター設立。
  • 2007年(平成19年)4月 金沢大学環日本海域環境研究センター設立。

関連項目[編集]