金沢連隊区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

金沢連隊区(かなざわれんたいく)は、大日本帝国陸軍連隊区の一つ。前身は金沢大隊区である。石川県の一部または同県全域の徴兵召集兵事事務を取り扱った。実務は金沢連隊区司令部が執行した。1945年(昭和20年)、同域に金沢地区司令部が設けられ、地域防衛体制を担任した。

沿革[編集]

1888年(明治21年)5月14日、大隊区司令部条例(明治21年勅令第29号)によって金沢大隊区が設けられ、陸軍管区表(明治21年勅令第32号)により石川県の全域が管轄区域に定められた。第3師管第6旅管に属した。

1896年(明治29年)4月1日、金沢大隊区は連隊区司令部条例(明治29年勅令第56号)によって連隊区に改組され、旅管が廃止となり第9師管に属した[1]1898年7月1日、司令部は金沢市金沢城内の新築庁舎に移転した[2]

1903年(明治36年)2月14日、改正された「陸軍管区表」(明治36年勅令第13号)が公布となり、再び旅管が採用され連隊区は第9師管第6旅管に属した。

日本陸軍の内地19個師団体制に対応するため陸軍管区表が改正(明治40年9月17日軍令陸第3号)となり[3]1907年(明治40年)10月1日、高岡連隊区などが創設された。珠洲郡鳳至郡鹿島郡を高岡連隊区へ移管し、管轄区域は次のように変更された。

  • 石川県
金沢市羽咋郡河北郡石川郡能美郡江沼郡

1925年(大正14年)4月6日、日本陸軍の第三次軍備整理に伴い陸軍管区表が改正(大正14年軍令陸第2号)され[4]、同年5月1日、旅管は廃され引き続き第9師管の所属となった。高岡連隊区が廃止され、その旧管轄区域から珠洲郡・鳳至郡・鹿島郡を編入し、再び石川県全域を管轄とし、その廃止まで変更はなかった。

1940年(昭和15年)8月1日、金沢連隊区は東部軍管区金沢師管に属することとなった[5]

1945年2月11日、金沢師管は東海軍管区に所属が変更された[6]。同年には作戦と軍政の分離が進められ、軍管区師管区に司令部が設けられたのに伴い、同年3月24日、連隊区の同域に地区司令部が設けられた[7]。地区司令部の司令官以下要員は連隊区司令部人員の兼任である。同年4月1日、金沢師管は金沢師管区と改称された[8]

司令官[編集]

金沢大隊区
  • 木村寛良 歩兵少佐:1888年5月14日 -
金沢連隊区
  • 下村定辞 後備歩兵少佐:1899年1月1日 - 1901年1月3日死去
  • 小山熊次郎 歩兵少佐:1901年1月11日 - 7月1日
  • 小山熊次郎 後備歩兵少佐:1901年7月1日 - 1902年9月30日
  • 野溝甚四郎 歩兵中佐:1902年9月30日 -
  • 玉井清水 歩兵中佐:1906年3月3日 - 1910年10月1日
  • 勝田太郎 歩兵中佐:1910年10月1日 - 1912年6月29日
  • 小川賢之助 歩兵中佐:1912年6月29日 - 1913年8月31日
  • 富塚貞一郎 歩兵中佐:1913年8月31日 - 1916年8月18日
  • 本間力弥 歩兵中佐:1916年8月18日 -
  • 山本清次 歩兵大佐:不詳 - 1921年6月28日[9]
  • 田中館浩太郎 歩兵中佐:1921年6月28日[9] - 1923年8月6日[10]
  • 津村吉彦 歩兵大佐:1923年8月6日[10] -
  • 村井清規 歩兵大佐:1924年2月4日 - 1924年12月15日[11]
  • 嘉村達次郎 歩兵大佐:1924年12月15日[11] -
  • 斎藤済一 歩兵中佐:1932年4月11日 - 1934年3月5日[12]
  • 金子定一 歩兵大佐:1934年3月5日[12] -
  • 伊佐一男 歩兵大佐:1936年8月1日 - 1937年8月2日[13]

脚注[編集]

  1. ^ 陸軍管区表(明治29年3月16日勅令第24号)
  2. ^ 『官報』第4505号、明治31年7月7日。
  3. ^ 『陸軍軍戦備』57-58頁。
  4. ^ 『陸軍軍戦備』101頁。
  5. ^ 陸軍管区表(昭和15年7月24日軍令陸第20号)
  6. ^ 陸軍管区表(昭和20年1月22日軍令陸第1号)
  7. ^ 『陸軍軍戦備』480頁。
  8. ^ 陸軍管区表(昭和20年2月9日軍令陸第2号)
  9. ^ a b 『官報』第2673号、大正10年6月29日。
  10. ^ a b 『官報』第3306号、大正12年8月7日。
  11. ^ a b 『官報』第3696号、大正13年12月16日。
  12. ^ a b 『官報』第2151号、昭和9年3月6日。
  13. ^ 『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』293-294頁。

参考文献[編集]