金沢鉄道郵便局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

金沢鉄道郵便局(かなざわてつどうゆうびんきょく)とは、かつて石川県金沢市に本局を置いていた郵便局である。

概要[編集]

鉄道郵便局は、日本の郵便局の種類の一つで、鉄道事業者に郵便車を運行させてこれに職員が乗務し、鉄道沿線の郵便局から継送される郵便物を輸送するとともに、郵便車内で郵便物をあて先地域別に区分する業務を行っていた[1]。当局はそのうちおもに北陸地方西部の区間を担当した。

本局・分局[編集]

本局に管理部門が置かれるほか、各地の乗務・中継作業の拠点として主要ターミナル駅や分岐駅に分局が設置されていた。

沿革[編集]

  • 1903年(明治36年)3月 - 金沢を含む11の鉄道郵便局が開設されるが、年内に廃止[1]
  • 1910年(明治43年)10月 - 金沢鉄道郵便局を開局[1]
  • 1937年(昭和12年)12月1日 - 富山鉄道郵便局の開局[2]に伴い、同局の金沢派出所となる。
  • 1944年(昭和19年)5月 - 富山鉄道郵便局と仙台鉄道郵便局新潟派出所の統合・新潟鉄道郵便局の開局[3]に伴い、同局の金沢派出所となる。
  • 1945年(昭和20年)4月 - 新潟鉄道郵便局金沢派出所を昇格し、金沢鉄道郵便局を開局[4]
  • 1982年(昭和57年)11月15日 - 高岡分局を廃止[5]
  • 1984年(昭和59年)2月1日 - 富山・敦賀の各分局を廃止[6]
  • 1986年(昭和61年)3月1日 - 金沢鉄道郵便局本局を廃止[7]

取扱内容[編集]

  • 鉄道郵便車に乗務し、車内で区分及び郵袋、小包の積み下ろし事務。
  • 局舎や駅の郵便室で、郵便物の受け渡し・郵袋や小包の区分事務。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「鉄道と郵便の114年」(『鉄道ジャーナル』1986年12月号(No.240)、鉄道ジャーナル社、p.63-p.68)
  2. ^ 『続逓信事業史 第三巻 郵便』 p.401
  3. ^ 『続逓信事業史 第三巻 郵便』 p.403
  4. ^ 『続逓信事業史 第三巻 郵便』 p.403-p.404
  5. ^ 昭和57年11月2日郵政省告示第799号
  6. ^ 昭和59年1月14日郵政省告示第18号
  7. ^ 昭和61年1月8日郵政省告示第4号

参考文献[編集]

  • 郵政省編 『続逓信事業史 第三巻 郵便』 前島会、1960年
  • 郵政省郵務局郵便事業史編纂室 『郵便創業120年の歴史』 ぎょうせい、1991年
  • 小林正義 「鉄道と郵便の114年」(『鉄道ジャーナル』1986年12月号(No.240)、鉄道ジャーナル社、p.63-p.68掲載)

関連項目[編集]